閉じる

Dr.コトー診療所2006

『Dr.コトー診療所』のシリーズ一覧を見る

ドラマ

2006年10月12日-2006年12月21日/フジテレビ

離島医療の現状を描くドラマの続編。志木那島診療所の看護師・彩佳は、理学療法士学校の下見という口実で、東京の総合病院へ検診を受けに行く。帰路、フェリーで村長が乗客のいざこざで意識不明の重体に。彩佳は動揺するが、無線で医師・コトーの指示を受け処置を試みる。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

Dr.コトー診療所2006のあらすじ

第11話 Dr.コトー診療所2006「逃れられぬ、医師の宿命」
2006年12月21日 フジテレビ

彩佳(柴咲コウ)の手術が目前に迫っていた。コトー(吉岡秀隆)は彩佳の主治医・鳴海(堺雅人)から「会わせたい人がいる」と東京に呼び出される。そして手術当日、島民たちが心配する中、正一(小林薫)は昌代(朝加真由美)を連れて彩佳の元へ駆け付ける。

詳細を見る
第10話 Dr.コトー診療所2006「失われた信頼」
2006年12月14日 フジテレビ

正一(小林薫)は、コトー(吉岡秀隆)が彩佳(柴咲コウ)の病気を隠していたことに激怒した。後日、正一は彩佳を訪問。が、彩佳は正一を見ているとやるせなくなり、「放っておいて」と冷たく突き放す。一方、コトーは原(時任三郎)に、彩佳を東京に行かせたことと、正一に事実を隠していたことをずっと後悔していたと告げる。

詳細を見る
第9話 Dr.コトー診療所2006「愛を乞う者」
2006年12月7日 フジテレビ

ミナ(蒼井優)の夫・知明(忍成修吾)が島を訪れた。その夜、茉莉子(大塚寧々)は体中あざだらけのミナを発見。ミナを診察したコトー(吉岡秀隆)は、知明にやられたと推測。コトーが聞くと、ミナは今まで何度も暴力を受けていたことを告白する。だが翌日、コトーは知明に「ミナには妄想癖(もうそうへき)がある」と告げられる。

詳細を見る
第8話 Dr.コトー診療所2006「幸福への決断」
2006年11月30日 フジテレビ

原(時任三郎)は、剛洋(富岡涼)が東京で彩佳(柴咲コウ)に会ったと聞いた。彩佳の病気のことを知った原は、コトー(吉岡秀隆)に相談。だが、コトーは彩佳の気持ちを考えて、星野(小林薫)には黙っていてほしいと伝える。そんな中、コトーの力強い励ましの言葉を胸に、ゆかり(桜井幸子)は抗がん剤治療を開始する。

詳細を見る
第7話 Dr.コトー診療所2006「命の期限」
2006年11月23日 フジテレビ

体調不良を訴えるゆかり(桜井幸子)に悪性腫瘍が見つかった。コトー(吉岡秀隆)はゆかりと、夫の坂野(大森南朋)を呼び、そのことを伝える。島の設備は限られていたが、ゆかりはコトーに手術の執刀を依頼。後日、コトーらは入念に準備をして手術に臨む。だが、コトーは開腹部を見て、手を止めてしまう。

詳細を見る
第6話 Dr.コトー診療所2006「息子への誓い」
2006年11月16日 フジテレビ

原(時任三郎)は働くために本土へ戻った。剛洋(富岡涼)は、学費のことで父に苦労をかけていると知り、学校をやめて島に戻りたいとコトー(吉岡秀隆)に語る。一方、島では、家族が負担できない学費を島で補う奨学金制度を設けようという動きが。そんな中、剛洋の友人・邦夫(春山幹介)が命の危険を伴う腸閉塞で倒れる。

詳細を見る
第5話 Dr.コトー診療所2006「荒海に漂う命」
2006年11月9日 フジテレビ

夏休みを利用して、再会を果たした剛利(時任三郎)と剛洋(富岡涼)。剛利は剛洋にツライ現状を隠していたが、茉莉子(大塚寧々)が剛利の職場に所在を問い合わせたことで、多額の借金が発覚してしまう。重雄(泉谷しげる)をはじめ、かつての漁師仲間が剛利を助けようとするが、海を捨てた負い目のある剛利は意地になり、仲間に暴言を吐く。また、剛洋も進学校の授業についていけず苦悩。が、必死に働く父親を前に悩みを打ち明けることはできなかった。

詳細を見る
第4話 Dr.コトー診療所2006「父のあやまち」
2006年11月2日 フジテレビ

島の豊漁祭が近づく。2年前の祭りの際、不注意で妻・昌代(朝加真由美)の病気に気付けなかった正一(小林薫)は落ち込む。重雄(泉谷しげる)は慰めようとするが、悲観的な正一にいら立ちケンカに。二人は、昌代の回復の見込みを聞くためコトー(吉岡秀隆)の元へ。一方、多額の借金を抱えた原(時任三郎)は悩んでいた。

詳細を見る
第3話 Dr.コトー診療所2006「秘密の贈り物」
2006年10月26日 フジテレビ

島で健康診断を行うことになった。採血の際、島民はミナ(蒼井優)の技術を疑問視し、コトー(吉岡秀隆)の方ばかりに並ぶ。そんな中、ひな(尾崎千瑛)だけはミナに採血をしてもらう。だが翌朝、ひなの腕にあざができ、口からは出血が。ひなの母・小百合(神野三鈴)は採血が悪かったことを理由に、ミナを責める。

詳細を見る
第2話 Dr.コトー診療所2006「最後の言葉」
2006年10月19日 フジテレビ

彩佳(柴咲コウ)の病気を知ったコトー(吉岡秀隆)は、島で彩佳の病気を治そうと決意し、東京の病院から彩佳の資料を取り寄せた。コトーに治療方法を説明された彩佳には、島を出るか残るかで迷いが生じる。そんな中、新しい看護師・ミナ(蒼井優)が往診に行った直後、島民・左千夫(石橋蓮司)の家から火の手が上がる。

詳細を見る
第1話 Dr.コトー診療所2006「二人の約束」
2006年10月12日 フジテレビ

離島医療の現状を描くドラマの続編。志木那島診療所の看護師・彩佳(柴咲コウ)は、理学療法士学校の下見という口実で、東京の総合病院へ検診を受けにいく。帰路、フェリーで村長(坂本長利)が乗客とのいざこざで意識不明の重体に。彩佳は動揺するが、無線で医師・コトー(吉岡秀隆)の指示を受け処置を試みる。

詳細を見る

Dr.コトー診療所2006の出演者・キャスト

  • No Image

    吉岡秀隆
    五島健助役

  • No Image

    柴咲コウ
    星野彩佳役

  • 時任三郎

    時任三郎
    原剛利役

  • No Image

    大塚寧々
    西山茉莉子役

  • 蒼井優

    蒼井優
    仲依ミナ役

  • No Image

    桜井幸子
    坂野ゆかり役

  • No Image

    堺雅人
    鳴海慧役

  • 泉谷しげる

    泉谷しげる
    安藤重雄役

  • 筧利夫

    筧利夫
    和田一範役

  • 小林薫

    小林薫
    星野正一役

Dr.コトー診療所2006のスタッフ・作品情報

山田貴敏
(原作)
吉田紀子
(脚本)
中江功
(演出)
吉俣良
(音楽)
  • 連載「Museの素顔」

    第10回は岡副麻希が登場連載「Museの素顔」

  • めざましプレゼンターに直撃!

    鈴鹿央士インタビュー掲載!めざましプレゼンターに直撃!

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #8 「夏目友人帳」を語る=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • 【春ドラマまとめ】2022年4月期の新ドラマ一覧

    随時更新中!【春ドラマまとめ】2022年4月期の新ドラマ一覧

もっと見る