悪太郎

今東光の原作を清順監督が映画化。大正の初め”悪太郎”と呼ばれ、素行不良によって神戸から豊岡の旧制中学へ転校させられた主人公の恋とバンカラぶりを描く。