橋蔵のやくざ判官(やくざ判官)

素浪人父娘、人形師の夫婦、羽織芸者、居合い抜きの名人、飾り職人などが住む長屋で強欲な屋主が殺され、目明かしは新顔のいれずみ男を下手人とにらむ。