ハッド

ラリー・マクマートリーの小説を映画化。兄を死なせた男が生家に帰ってきたことから、その家の者が不幸に襲われる。P・ニールがアカデミー主演女優賞を受賞した。