ライトシップ

灯台船の船長の悩みは、船に興味をもたない息子のこと。ある日、救助した小型船のクルーに、船を乗っ取られる。暴風雨になり、船長は反逆のチャンスをつかむ。