殺し

ベルトルッチの監督デビュー作。ローマのテーベレ川の岸辺で発見された娼婦の殺害死体をめぐる推理に、事件にかかわる人々の、さまざまな人間模様が交錯する。