フェリーニのアマルコルド

フェリーニの故郷でもある北部イタリアの港町の人々の姿を、少年チッタの目を通して描く。ファシズムの嵐が吹き荒れる中、チッタの父が拷問にかけられ殺される。