極道拳

ボクサーから極道の世界に入った男の哀愁を描く、松岡弘一の同名小説の映画化。元ボクサーの成瀬は、ケンカに負けて倒れていた真田にボクシングを教え始める。