殺人狂時代

都筑道夫の「飢えた遺産」を映画化。人口調節のため無駄な人間を殺すことを目的とした団体が、信治の背中の傷に隠された秘密を狙い、次々と殺し屋をさしむけてきた。