地雷を踏んだらサヨウナラ

’70年代初頭、カンボジアの動乱期に実在した日本人カメラマン・一ノ瀬泰造の生きざまを描く。内戦が激化する中、泰造はアンコールワットの撮影を夢見ていた。