伊豆の踊子

川端康成の同名小説6度目の映画化。山口百恵の初主演作にして、山口・三浦のゴールデン・コンビ初共演作。大正末期、一高生と旅芸人の踊り子との淡く悲しい恋を描く。