駿河遊侠伝 賭場荒し

勝新太郎が清水の次郎長にふんした”駿河遊侠伝”シリーズ第1作。旅の僧に余命3年と告げられた次郎は、やけになって放蕩した揚げ句、いかさま賭博師となる。