武士の一分

山田洋次監督が藤沢周平の小説を映画化した時代劇3部作の最終作となる人間ドラマ。武士の三村新之丞は妻と幸せに暮らしていたが、藩主の毒味役を務めて失明する。