酒と女と槍

やりの名手・富田蔵人高定を主人公に人生の哀歓を描く。高定は、豊臣秀吉の怒りを買い切腹した君主・豊臣秀次の後追いを決意。だが切腹当日、秀吉の使者に止められる。