東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

220万部を記録したリリー・フランキーの自伝小説を映画化した感動作。東京に出てきて自堕落な生活を送るボクは、ある日、オカンががんの手術で入院したことを知る。