127時間

青年登山家が体験した実話を映画化。アメリカ・ユタ州の峡谷で、単身でロッククライミングをしていたアーロンは、落石に右腕を挟まれ谷底から一歩も動けなくなる。