インシテミル 7日間のデス・ゲーム

米澤穂信のサスペンス・ホラー小説を映画化。時給11万2000円の求人に男女10人が集まり、7日間の心理ゲームに参加した。2日目に1人が死体で発見され、彼らは互いに疑心暗鬼に陥る。