鬼神伝

高田崇史の同名小説をアニメ映画化。現代から平安時代の京都にタイムスリップした中学生の少年が、”鬼”と呼ばれる妖術使いとの対立に巻き込まれていく中で、鬼に隠された真実を知る。