最高殊勲夫人

源氏鶏太の小説を映画化。野々宮家の3人姉妹の長女と次女は、三原家の3人兄弟の長男、次男に嫁いでいた。長女の桃子は残った末っ子同士も結婚させようとする。