魚河岸の女石松

魚河岸で人気者のヒロインが、実父の苦境を救うまでを描く。新聞記者の喜多川は、取材で会った佳子が、実はある社長と芸者との間に生まれた子供だと知り、彼女を本当の父親に引き合わせる。