ブリキの太鼓

ギュンター・グラスの同名小説を映画化。大人になることを拒絶し、3歳で成長を止めてしまった少年の目を通して、ドイツ政権下のポーランドを描き出す。