この子の七つのお祝いに

第一回横溝正史賞を受賞した斎藤澪の同名小説を映画化。大臣秘書のお手伝いが殺された。ルポライターらが事件を追うと、ある母子の隠された過去が浮かび上がる。