閉じる

まじっく快斗1412

アニメ

まじっく快斗1412のあらすじ

第24話 まじっく快斗1412「真夜中の鳥(ミッドナイト・クロウ)《後編》激突!白か黒か!?」

快斗は、怪盗キッドをやめてアメリカでマジシャンとして働くことを母の千影から提案される。父・盗一を殺した者を見つける前にキッドをやめていいのかと快斗が思い悩む中、父の弟弟子・怪盗コルボーは、再び宝石「ミッドナイト・クロウ」を盗み出すと予告。快斗は悩みを抱えたまま、キッドとしてコルボーと対峙する。

詳細を見る
第23話 まじっく快斗1412「真夜中の鳥(ミッドナイト・クロウ)《前編》その名は怪盗コルボー!」

怪盗キッドは世界最大のブラックダイヤモンド“ミッドナイト・クロウ”を奪うと予告。だが、トリックを見破る名人・ハリーからの助言を受けた中森警部らの作戦により、計画は失敗に終わる。その後、キッドはリベンジを予告し再度ダイヤの前にたどり着くが、そこで父・盗一の弟弟子である怪盗コルボーと出会う。

詳細を見る
第22話 まじっく快斗1412「レッド・ティアー」

怪盗キッドは、ホッパー奇術団が所有する世界最大のルビー“レッド・ティアー”を奪うと予告。だがキッドは父の盗一からルビーを持つ者には災いが訪れるという話をされたことを思い出し、予告を撤回する。一方、謎の組織の一員・スネイクは奇術団のショーに潜入。ジョディ団長に付けられたルビーに狙いを定める。

詳細を見る
第21話 まじっく快斗1412「KIDvsコナン 月下の瞬間移動」

次郎吉は怪盗キッドに挑戦状を送り、100カラットのアメジストをあしらったミュール“パープルネイル”を盗んでみろと挑発。展示場所である錦座4丁目の交差点を下見に訪れたキッドは、妙案を思い付き、挑戦を受けて立つ。犯行当日、宿敵のコナンらが待つ交差点にキッドが現れ、「瞬間移動を披露する」と言い放つ。

詳細を見る
第20話 まじっく快斗1412「ダーク・ナイト」

犯罪者を手助けする“計画師”ナイトメアが怪盗キッドの前に現れ、犯行をサポートしたいと申し出る。キッドが了承すると、ナイトメアはある美術館に収蔵されたイヤリング“ダーク・ナイト”を奪うと予告。白馬やインターポールのジャックらが美術館に向かう中、キッドは美術館の館長に変装して内部に忍び込む。

詳細を見る
第19話 まじっく快斗1412「ゴールデン・アイ《後編》決着 KIDvs黒猫(シャノワール)」

怪盗キッドは指輪“ゴールデン・アイ”をめぐり、フランスの怪盗シャノワールと争奪戦を繰り広げる。まずキッドが犯行予告時間にある騒動を起こす。中森警部の注意を騒動に引き付けたキッドは、見事に指輪を入手し脱出。しかしシャノワールはキッドが盗んだ指輪は偽物で、本物を奪ったのは自分だと宣言する。

詳細を見る
第18話 まじっく快斗1412「ゴールデン・アイ《前編》黒猫(シャノワール)の挑戦」

怪盗・シャノワールから勝負を挑まれた怪盗キッドは、指輪“ゴールデン・アイ”の争奪戦に参加する。一方、これまでシャノワールに数々の宝石を盗まれている実業家の光石も、警備会社主任のアランと怪盗二人を打倒するための策を講じていた。そんな中、盗難保険会社の社員・ルビィがある疑いを抱きながら犯行現場に現れる。

詳細を見る
第17話 まじっく快斗1412「グリーンドリーム」

怪盗キッドは、ある舞台の初日にだけ特別に使用される世界最大のエメラルド・グリーンドリームを奪うと予告。前日、快斗はアルバイトの少年に変装して劇場を視察していたところ、新人女優の恵と知り合う。恵の演技に魅力を感じた快斗は、観客の視線が怖くて緊張すると悩みを語る恵に、あるアドバイスをする。

詳細を見る
第16話 まじっく快斗1412「KIDVSコナン 奇跡の空中歩行」

怪盗キッドは、鈴木財閥が運営する博物館に展示された宝石・大海の奇跡を盗むことを決める。財閥の長・次郎吉が精鋭による警備体制を敷く中、キッドは警備を突破する方法を思案。予告日の前日に現れ、ある思惑から空中歩行のマジックを披露する。しかし捜査に参加していたコナンは、空中歩行のトリックを見抜く。

詳細を見る
第15話 まじっく快斗1412「王女と泥棒の即興劇(インプロブ)」

サブリナ公国のアン王女が宝物展のために来日。同じく来日した公国のドロン刑事は、アン王女が持つヨーロッパ最大のダイヤを盗んでみせろと怪盗キッドを挑発する。そのことを知った快斗は、受けて立つことを決意。犯行当日、キッドは公国の刑事たちを翻弄しダイヤを盗み出すが、逃走中にドロンに狙撃される。

詳細を見る
第14話 まじっく快斗1412「クリスタル・マザー」

怪盗キッドはイングラム公国女王・セリザベスが持つ宝石“クリスタル・マザー”を盗み出すことを予告。セリザベスが乗車する豪華列車に、快斗の姿で青子と乗り込む。その後、列車を調べるうちに本物の宝石が列車内に隠されていることを知った快斗は、セリザベスの様子をうかがいながら宝石の在りかを探る。

詳細を見る
第13話 まじっく快斗1412「彼から手をひいて」

高校のスキー教室で雪山に来た快斗らは、紺野先生から「仮装スキー大会」が行われることを聞かされる。クラスメートが一緒に仮装して滑るパートナーを組んでいく中、紅子が快斗に猛アピール。さらに紅子は青子にも声を掛け、負けた方は快斗から手を引くという条件で、どちらが快斗のペアになるかの勝負を持ち掛ける。

詳細を見る
第12話 まじっく快斗1412「聖夜・二人の怪盗KID」

怪盗キッドの偽者が、「クリスマスイブの夜、東風デパートのツリーに飾られたジャイアンツの星をいただく」という予告状を出す。快斗はそのことを知らずに青子の家でクリスマスパーティに参加していたが、テレビ中継でデパートのオーナー財前がキッドを挑発しているのを見て、予告の現場へと向かう。

詳細を見る
第11話 まじっく快斗1412「KID コナンの龍馬お宝イリュージョン」

怪盗キッドは龍馬展が行われる博物館に出していた犯行予告を修正し、当初の予告日の翌日に龍馬の遺品を返却すると宣言。コナンはキッドが予告を修正した理由を、雨の日に犯行を行いたかったからだと推理する。そして迎えた翌日、キッドは一般人に変装して博物館に潜入するが、コナンに目を付けられ動揺する。

詳細を見る
第10話 まじっく快斗1412「怪盗淑女と龍馬のお宝」

会社会長・郷津は手持ちの宝石を盗まれたことにしながら、裏で大量の模倣品を「盗まれた本物」だとだまして売りさばいていた。そこで快斗は母親の千影が集めた証拠品を使って郷津とその弟子を懲らしめようと思い立ち、怪盗キッドとしてある犯行を予告する。そして予告前日、狙いの博物館を下見していた快斗は、小学生探偵・江戸川コナンに出会う。

詳細を見る
第9話 まじっく快斗1412「怪盗淑女 登場」

怪盗キッドは、盗んだ宝石の裏に「18年前の借りをお返ししよう」と書かれたシールを発見。そのシールを気に留めつつ、東都タワーに新たな宝を盗みに訪れたキッドは、郷津会長と鉢合わせる。しかし郷津はキッドをキッドの父と勘違いし、18年前に姿を消した “怪盗淑女ファントム・レディ” の昔話を語り始める。

詳細を見る
第8話 まじっく快斗1412「大人のおまじない」

怪盗キッドをこの世から消し去ってしまおうと決心した紅子は、中森警部ら警察を操ってキッドを倒そうと考える。後日、ある博物館に宝石を盗みに現れたキッドは、紅子に操られた中森警部から容赦ない攻撃を受け退散する。そして慌てて博物館の屋上から東都タワーまで逃げようとしたキッドの前に、紅子が現れる。

詳細を見る
第7話 まじっく快斗1412「黒羽快斗の忙しい休日」

怪盗キッドは博物館で “天使の王冠” を奪おうとするが、中森警部に阻止される。さらに素顔を一瞬見られてしまい、中森警部にキッドの正体が快斗ではないかと疑われ始める。その話を聞いた青子は、キッドが次の犯行を予告した日に快斗をデートに誘う。困った快斗は、寺井にある物を用意してもらいデートに臨む。

詳細を見る
第6話 まじっく快斗1412「ブラックスター」

怪盗キッドは巨大なダイヤモンドが埋め込まれた駅前の時計台を盗み出すと予告。犯行当日、キッドは警官に変装して潜入しようとするが、入り口を張っていた刑事に簡単に正体を見破られてしまう。その後もいつもよりさえた捜査を見せる警察にキッドは動揺。警察に指示を出していたのは、目暮警部に連れられてきた気鋭の高校生探偵・工藤新一だった。

詳細を見る
第5話 まじっく快斗1412「緋色の誘惑」

快斗のクラスメートで怪しげな赤魔術を使う“魔女”の紅子は、快斗が自分に興味を示さないことを驚く。やがて紅子は怪盗キッドの正体が快斗ではないかと疑い、快斗をとりこにするため赤魔術の儀式を行う。キッドは儀式の影響を受けながらも何とか警察の手を逃れるが、今度は紅子の魔法陣に追い込まれてしまう。

詳細を見る
もっと見る
  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 草彅剛のお気楽大好き!WEB

    草彅剛のお気楽大好き!WEB

  • 連載「Museの素顔」

    第12回は長野美郷が登場連載「Museの素顔」

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

もっと見る