ラブホの上野さん

ラブホの上野さん

原案・上野の実体験を、博士が作画した同名漫画をドラマ化。本郷奏多演じるラブホテルのスタッフ・上野さんが、恋に迷える男女の前に現れて恋愛指南をする姿を描く。男女のトラブルを解決した上野さんは、自身が働くラブホテル「五反田キングダム」をカップルに薦める。

出演者

人物相関図

あらすじ

  • ラブホの上野さん

    2017/2/22

    屋上でサボっていた一条(柾木玲弥)が飛び降りようとしていた就活生・大隈(小栗わたる)に気付き、自殺を阻止する。大隈が恋愛に無気力な童貞であることを知った一条は、親近感を抱く。そんな大隈の様子を見抜いていた上野(本郷奏多)は、大隈に就活にも通用する恋愛指南として、一条とのナンパ対決を提案する。

    登場人物
  • ラブホの上野さん

    2017/2/15

    行き付けのカフェに訪れた上野(本郷奏多)と一条(柾木玲弥)だったが、そこでは男女6人の合コンが行われていた。楽しそうな雰囲気の客に嫉妬を募らせ、うらやむ一条だったが、女性陣全員が途中で帰ってしまう。だが、次につながる手応えを感じて盛り上がる男性陣に、上野は女性陣に逃げられた事を鋭く指摘。後日、3人の男性が上野を訪ねて来る。

    登場人物
  • ラブホの上野さん

    2017/2/8

    クリスマスイブの夜、五反田キングダムにみのり(赤根那奈)ら女子4人が宿泊してくる。しかし、「急用ができた」と言って他の3人が帰ってしまい、みのりだけが取り残されてしまう。裏切られたみのりに対し、上野(本郷奏多)は厳しく恋愛指南を行う。そのおかげでみのりは、取り残された寂しさを紛らわす。

    登場人物

あらすじを全部見る