北斗―ある殺人者の回心―

石田衣良が、’12年に“デビュー15周年の結論”と語り発表した小説「北斗 ある殺人者の回心」を、中山優馬主演でドラマ化。両親から激しい虐待を受け、心に闇を抱えていた少年・端爪北斗(中山)は、里親に出会うことで初めて“愛”を知る。北斗が、数奇な運命に翻弄(ほんろう)され殺人者となるさまを描く。

放送情報

  • 2018年07月22日(日) 00時00分 / WOWOWプライム

他の放送日時については各あらすじをご確認ください。

出演者

スタッフ

あらすじ

  • 第1話 北斗―ある殺人者の回心―「第一話」

    石田衣良の原作を中山優馬主演で映像化。’16年、殺人を犯し勾留されている20歳の北斗(中山)は、弁護人の高井(松尾スズキ)に「死刑にしてください」と言い放つ。幼少期の北斗(大西利空)は実の両親(村上淳・中村優子)から激しい虐待を受け、孤独な日々を送っていた。そんなある夜、北斗は置き手紙を残して家を出る。

    放送日時
    • 2018年07月22日(日) 00時00分 / WOWOWプライム
    出演
    スタッフ

あらすじを全部見る