殿、利息でござる!

磯田道史による小説を映画化した時代劇コメディー。財政に困っている仙台藩では、農民や町人が容赦ない重税を課され、破産と夜逃げが相次いでいた。さびれた宿場町・吉岡宿で町の心配をする十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。