ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん

さまざまなジャンルのオンラインゲームやプラモデルなどを題材とするブログ「一撃確殺SS日記」の記事の1つ「光のお父さん」を原作に、ゲームを通して距離を縮めていく親子の物語を描く。主演の千葉雄大は、仕事やゲームに奮闘する等身大の若者を演じる。一方、ゲームにはまっていく父親役は大杉漣が務める。

放送情報

  • 2017年05月03日(水) 01時30分~02時00分 / TBS
  • 2017年04月30日(日) 02時13分~02時43分 / TBCテレビ
  • 2017年05月07日(日) 02時13分~02時43分 / TBCテレビ
  • 2017年05月01日(月) 01時50分~02時20分 / MBS毎日放送
  • 2017年05月02日(火) 01時01分~01時31分 / NBC長崎放送

放送日時をもっと見る

出演者

スタッフ

あらすじ

  • ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん「お父さんにゲームオーバーはなかった。」

    2017/5/2

    光生(千葉雄大)は、先輩社員の代わりに難しい顧客を担当することに。努力をした光生だったが、うまく対応できずクレームを受けてしまい、社会人として成功した父を改めて見直すようになる。また、順調にゲームを進める父・博太郎(大杉漣)は、これまで光生に見せたことのなかったおちゃめな一面を披露する。

    登場人物
    スタッフ
  • ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん「光のお父さんが姿を消した。」

    2017/4/25

    光生(千葉雄大)は、会社で新人女子社員の離職率が高い原因の調査を依頼される。先輩・袴田(袴田吉彦)が挙げた「最も辞めそうな社員」の陽子(馬場ふみか)に接近するが、非協力的な態度を取られて調査は難航。一方、無事にゲームを始め順調そうな博太郎(大杉漣)だったが、ささいな理由でゲームから離脱してしまう。

    登場人物
    スタッフ
  • ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん「光のお父さんがやってきた。」

    2017/4/18

    父親と息子がゲームを通して絆を深めていく姿を描く。光生(千葉雄大)は仕事一筋だった父・博太郎(大杉漣)が突然会社を辞めたと聞き驚く。自分が父のことを何も知らないと実感した光生は、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」に誘い、正体を隠して父と共にプレーすることを思い付く。

    登場人物
    スタッフ