ラスト・スキャンダル あるハリウッドスターの禁じられた情事

ハリウッドスターの実話を映画化。1959年に俳優のエロール・フリンが急逝し、彼の最後の恋人だった女優・ビバリーに注目が集まる。2年前、彼女は未成年でありながらフリンと肉体関係を持つが、母親のフロレンスはそれを黙認してしまう。