任侠野郎

蛭子能収が伝説のヤクザを演じるアクション。親分の敵討ちのため正岡組の組長を殺し、服役していた男・柴田は、親分が榊組の陰謀で殺されたことを出所後に知る。やがて正岡の娘・時子が守る正岡組が榊によって窮地に陥り、柴田は時子の父を殺したことを後悔しながらも、彼女の力になろうとする。