セーラー服と機関銃−卒業−

1981年製作の「セーラー服と機関銃」のその後を描いた赤川次郎の小説を映画化。卒業を間近に控えた女子高校生・星泉は、弱小ヤクザ・目高組の組長という過去があった。現在は組を解散し、シャッター商店街の中で「メダカカフェ」の店長として平穏な日々を送っていたが、モデル詐欺に巻き込まれた友人の相談から、再びヤクザの世界に踏み込んでいく。