古都

川端康成の同名長編小説を、舞台を現代に置き換え映画化。京都の室町で代々続く老舗呉服店を引き継いで20年になる佐田千重子は、大学生の娘・舞に呉服店を継いでいいものか思いあぐねていた。そして、舞も継ぐべきなのか自分の将来について悩んでいた。一方、千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子は、京都のはずれにある北山杉の里で林業を営んでおり、苗子の娘・結衣は絵画を学ぶためパリに留学していた。その頃、日本文化を紹介するイベントに参加するため、舞もパリを訪れていた。