サムライフ

理想の学校をつくるために立ち上がり、民間教育施設を設立した元高校教師の実話を映画化。長野県上田市、27歳のナガオカは“理想の学校づくり”のために5年間務めた高校教師を辞め、学校設立のために動き出す。全財産725円だったナガオカは、まず学校の設立資金のためにショットバーを開業。やがて元教え子の4人の仲間を得て、さまざまな逆境を乗り越えてきた自分の自伝本を出版。さらに周囲の人々を巻き込み、自分の夢の実現のために奔走する。