オケ老人!

荒木源の同名小説を映画化したハートウォーミング音楽コメディー。女性教師・小山千鶴はバイオリンを再び演奏したいとの思いが高まり、地元でエリート集団とされるアマチュアオーケストラのメンバー募集に応募する。だが、練習に出向いた千鶴は、自分が応募したのがまったく別の“梅が岡交響楽団”という素人の老人ばかりの楽団だったことを知る。千鶴は勘違いを言い出せないまま、渋々加わることになる。