CUTIE HONEY TEARS

永井豪原作のコミック“キューティーハニー”を実写映画化したSFアクション。AIに支配された近未来。街は富裕層の暮らす上層階と、貧困層の暮らす下層階に分けられており、下層階の人々は、上層階から垂れ流される汚染物質が生み出す有害な雨の中で生活していた。そんなある日、女性型アンドロイド・如月瞳が下層階に落ちてくる。彼女は、如月博士の娘の記憶を移植された感情を持ったアンドロイドで、新聞記者の早見青児や下層階のレジスタンスとの出会いを重ね、世界を支配する新型アンドロイド・ジルに立ち向かっていく。