手紙は憶えている

ナチスの兵士に家族を殺された年老いた男の復讐を描いたサスペンス・ミステリー。最愛の妻ルースを亡くした事も覚えていないほど、90歳のゼヴは物忘れがひどくなっていた。ある日、友人マックスから「覚えているか?ルース亡きあと誓ったことを。君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。その約束を果たしてほしい―」と、一通の手紙を託される。二人はアウシュヴィッツ収容所の生存者で、70年前に大切な家族をナチスの兵士に殺されていた。体が不自由なマックスに代わり、ゼヴはたった一人での復讐を決意する。