潜入者

麻薬組織を壊滅に追い込んだ、実在の潜入捜査官が記した回顧録を基に描いたクライム・サスペンス。1980年代、史上最大規模の犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。巨大麻薬組織の壊滅に乗り出したアメリカ政府は、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵な作戦だった。