映画 聲の形

わんぱくな少年と、障がいがある少女をめぐる“ある出来事”と、高校生になった二人の心の交流を描いたアニメ映画。退屈を何よりも嫌うガキ大将の小学生・石田将也は、聴覚障がいがある転校生・西宮硝子に無邪気に好奇心を抱く。彼女が来たことで退屈から解放されるが、硝子との“ある出来事”をきっかけに周囲から孤立してしまう。それから5年が経ち、それぞれ別の場所で高校生に成長した二人。あの出来事以来、固く心を閉ざしていた将也は、硝子の元を訪れる。