不屈の男 アンブロークン

第二次大戦中、日本軍捕虜になった米国の元五輪選手の実話を基に映画化した戦争ドラマ。1936年のベルリン五輪に陸上競技選手として出場したルイ・ザンペリーニは、第二次世界大戦で合衆国空軍に所属する。そんな彼を乗せた飛行機が太平洋に墜落し、ザンペリーニは日本軍に捕らわれてしまう。ザンペリーニは東京・大森にある捕虜収容所に送られ、そこでサディスチックな渡邊睦裕伍長に目を付けられてしまう。