暗黒街

2011年ベルルスコーニ首相退陣の際の国家的混乱を背景にイタリアの暗部を描いた犯罪アクション。カジノ計画を含めた再開発法案の成立を目論む大物議員フィリッポ・マルグラーディ。通称ピッポ。その背後には“サムライ”と呼ばれる伝説のマフィアらが暗躍していた。ある日、ピッポが関わったある事件をきっかけに利権に群がる悪党たちの、血で血を洗う抗争がはじまってしまう。