信子とおばあちゃん

1969年4月7日-1970年4月4日 NHK総合

獅子文六のベストセラー小説「信子」「おばあさん」の二作品を基に、井手俊郎が脚本。ドラマに合わせて「信子・おばあさん」として角川文庫から刊行された。九州生まれの陽気で活動的な10代の信子(大谷直子)が70代のおばあちゃん(毛利菊枝)や周囲の人たちの励ましを受けて、現代をどう生きていくかを描く。

出演者

スタッフ