閉じる

小説王

ドラマ

2019年4月22日スタート/フジテレビ、FODほか

早見和真原作の同名小説を白濱亜嵐主演でドラマ化。大きな賞を受賞したが、その後は“一発屋”状態の作家・吉田豊隆(白濱)が、出版不況といわれる今の時代を、1冊の本の力で変えようする姿を描く。吉田が変わるきっかけになった、幼なじみの編集者・小柳俊太郎を小柳友、吉田のファン・佐倉晴子を桜庭ななみが演じる。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

  • ニュース

小説王の放送情報

  • AKT
    2022年5月27日(金) 深夜2:25

小説王のあらすじ

第10話 小説王「情熱」
2019年7月1日 フジテレビ

豊隆(白濱亜嵐)の新作が、出版界最高峰である直木賞の候補作に選ばれる。俊太郎(小柳友)と共に歓喜するが、出版社の経営は切迫していた。どうしても直木賞が欲しいと明かす豊隆に、臨月の晴子(桜庭ななみ)は、受賞者の発表の日に結婚披露宴を行うことを提案。しかし、披露宴当日に晴子は姿を消す。

詳細を見る
第9話 小説王「家族」
2019年6月24日 フジテレビ

豊隆(白濱亜嵐)は新作の書き直しを経て、晴子(桜庭ななみ)がかけがえのない存在であることに気付く。豊隆にプロポーズされた晴子は、ようやく妊娠していることを打ち明ける。一方、俊太郎(小柳友)が勤める出版社では、会社の身売り話が持ち上がり、豊隆の新作を書籍化できない可能性が浮上する。

詳細を見る
第8話 小説王「秘密」
2019年6月17日 フジテレビ

俊太郎(小柳友)が奔走した結果、豊隆(白濱亜嵐)はサイトで小説の連載のチャンスを得る。しかし、豊隆のヒット作が映画化された時の主演女優・綾乃(逢沢りな)の推薦コメントをもらうことが条件となった。かつて豊隆と恋人だった綾乃は、小説のヒロインを豊隆の今の恋人をモデルに書き直すよう命じる。

詳細を見る
第7話 小説王「恋人」
2019年6月3日 フジテレビ

豊隆(白濱亜嵐)の新作小説が掲載される予定だった文芸誌の休刊が決まる。内山(西岡徳馬)は、俊太郎(小柳友)と編集長・榊田(梶原善)に、「若い作家を見捨てることは許さない」と叱咤する。一方晴子(桜庭ななみ)は、連載がなくなり生活費にも困っている豊隆に妊娠していることを話せずにいた。

第7話 小説王「恋人」
詳細を見る
第6話 小説王「友情」
2019年5月27日 フジテレビ

豊隆(白濱亜嵐)は、作家を辞める覚悟を込めて「エピローグ(終章)」というタイトルで新作小説を書き始める。しかし俊太郎(小柳友)から、「日本一になるには何かが足りない」と言われ、書き直し始めるが、答えが見つからず悩む。一方俊太郎は、妻が息子と家を出ていってしまい、生活もままならない状態に陥る。

詳細を見る
第5話 小説王「告白」
2019年5月20日 フジテレビ

アパートにこもって執筆している豊隆(白濱亜嵐)の元に、晴子(桜庭ななみ)が訪ねてくる。豊隆が晴子を抱き締めようとすると、晴子の電話に人気小説家・野々宮(須藤蓮)から着信が入る。豊隆は、自分が持っていないものを全て持っているように見える野々宮に嫉妬し、負けたくないと執筆に集中する。

詳細を見る
第4話 小説王「父子」
2019年5月13日 フジテレビ

内山(西岡徳馬)との競作に、豊隆(白濱亜嵐)のデビュー作でも描かれた「父性」をテーマにすべきだと俊太郎(小柳友)は力説するが、豊隆はこれを拒絶。幼い頃に父親から捨てられたことが深い傷となっていた豊隆だが、これが小説への情熱の原点だったと、複雑な心の内を晴子(桜庭ななみ)に吐露する。

詳細を見る
第3話 小説王「覚悟」
2019年5月6日 フジテレビ

一夜を共にした豊隆(白濱亜嵐)と晴子(桜庭ななみ)。豊隆は執筆の邪魔になるので恋人をつくる気はないと言いながらも、他の女性とは違う魅力のある晴子を、気にしてしまう。一方、俊太郎(小柳友)は内山(西岡徳馬)から、豊隆と同じテーマで競作するなら、新連載を書いてもいいと条件を課される。

詳細を見る
第2話 小説王「嫉妬」
2019年4月29日 フジテレビ

19年ぶりに再会した豊隆(白濱亜嵐)と俊太郎(小柳友)は、子供の頃に読んで感動したような小説を作ろうと決意。しかし、豊隆が新人賞を受賞した際の審査員・内山(西岡徳馬)に、執筆をやめるよう迫られる。一方、豊隆の小説に救われたという晴子(桜庭ななみ)は、豊隆の新作執筆を応援すると語る。

詳細を見る
第1話 小説王「相棒」
2019年4月22日 フジテレビ

一発屋状態の作家・豊隆(白濱亜嵐)が幼なじみの俊太郎(小柳友)らと共に、本の力で時代を変えようとする姿を描く。デビュー作でヒットを飛ばした豊隆だが、現在はアルバイトで生計を立てていた。一方、出版社に勤める俊太郎は念願の文芸部に配属されるが、上司から出版業界の現実を突き付けられる。

詳細を見る

小説王の出演者・キャスト

  • No Image

    白濱亜嵐
    吉田豊隆役

  • No Image

    小柳友
    小柳俊太郎役

  • 桜庭ななみ

    桜庭ななみ
    佐倉晴子役

小説王のスタッフ・作品情報

早見和真
(原作)
小山正太
(脚本)
ひかわかよ
(脚本)
水田成英
(演出)

小説王のニュース

  • 白濱亜嵐が“一発屋”の小説家役で連ドラ主演!「デビュー前の苦労とかぶることが多かった」

    白濱亜嵐が“一発屋”の小説家役で連ドラ主演!「デビュー前の苦労とかぶることが多かった」

    2019/03/06 22:08

小説王のニュース画像

  • 白濱亜嵐が“一発屋”の小説家役で連ドラ主演!「デビュー前の苦労とかぶることが多かった」
  • 連載「Museの素顔」

    第8回は阿部華也子が登場連載「Museの素顔」

  • フレッシュ美男美女特集

    フレッシュ美男美女特集

  • めざましプレゼンターに直撃!

    鈴鹿央士インタビュー掲載!めざましプレゼンターに直撃!

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

    第14回公開!ぼる塾の酒寄さんちょっと聞いてくださいよ

もっと見る