閉じる

マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜

ドラマ

韓国でママタレントとしても人気のソ・ユジンが、過酷な人生を切り開く主婦・チウを演じるサクセスストーリー。5歳の時に養母に引き取られ、現在は大恋愛の末に結婚したダメ夫のためにアルバイトを掛け持ちして働くチウは、偶然知り合った財閥の御曹司・ジンユ(ヨン・ジョンフン)と友人になる。全44話。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜のあらすじ

第44話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#44」

ジンユ(ヨン・ジョンフン)が香港へ発って1年、ついにチウ(ソ・ユジン)の本が出版される。ジェハクに報告にいったチウはジンユが帰国していると知り思わずジンユのあとを追いかけるが姿を見つけることができなかった。そして、かつて2人で訪れた漢江でジンユとの出来事を思い返す。そこへ偶然ジンユが現れる。お互いの気持ちを抑え近況を報告しあうチウたち。そんな中、香港に戻る前にヒョシルの元を訪ねたジンユは何年でも待ち続けると話し…。

詳細を見る
第43話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#43」

ワンスン(ユン・ジョンフン)がチウ(ソ・ユジン)との別れでつらい思いをしている中、ジョンスンが詐欺に遭い貸金業者が家にまでやって来てめちゃくちゃに荒らされる。チウはブハンを呼び出しお金を渡そうとするが、家族で返済すると断られてしまう。やるせない気持ちを抱え屋根部屋に向かったチウ。そこにはジンユ(ヨン・ジョンフン)がチウのために小さな庭を用意してくれていた。ジンユの優しさに泣きながら本音を吐露するチウ。それを偶然聞いていたジンユは…。

詳細を見る
第42話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#42」

ジンユ(ユン・ジョンフン)の元にかつてソンジュがジンユ宛に送った小包が届く。中には手紙とソンジュがヒョシルから貰った土地の権利書があり自分に代わってみんなが住む家を建てて欲しいと綴られていた。一方、ジンユを意識してしまうチウ(ソ・ユジン)はジンユの迎えを断り1人でパーティー会場へと向かう。会場の入り口で待っていたジンユにときめきを隠せないチウ。その思いをブラックバタフライの会長に言い当てられてしまい…。

詳細を見る
第41話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#41」

ソンジュのせいでブラックバタフライとのコラボが危機に陥り会長を説得しに地方へ向かったチウ(ソ・ユジン)らだったが、途中で車が脱輪してしまう。ようやくたどり着いた会長宅での説得が功を奏し、危機を乗り切ったチウとジンユ(ユン・ジョンフン)。ジンユはチウに何も望むつもりはないが33年前の兄妹に戻るのは嫌だと伝えるが、チウははぐらかしてしまう。そんな中、コラボの成功を評価され2人はブラックバタフライの記念パーティーに招待される。

詳細を見る
第40話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#40」

心労が重なり倒れてしまったジェハクに付き添うチウ(ソ・ユジン)は、ふと眠りながら聞いたジンユ(ヨン・ジョンフン)の自分への告白の言葉を思い出す。一方、覚悟を決めたワンスン(ユン・ジョンフン)は渡されていた離婚届に自分の名前を記入する。そして、チウを呼び出しこれ以上すがったら最低な男になると離婚届を差し出す。そんな中、ジンユは会社に戻り倒れたジェハクに代わって記者たちを集めソンジュに関する悪質な報道を止めようと対応に追われる

詳細を見る
第39話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#39」

ソンジュを止めようと崖から落ちてしまったチウ(ソ・ユジン)。意識の戻らないチウにジンユ(ヨン・ジョンフン)は秘めていた思いを伝える。目を覚ましたチウはソンジュに生きて罪を償うよう話し、ソンジュは警察に自首をする。チェ家に戻ったチウの元にワンスン(ユン・ジョンフン)が訪ねてくるが、自分にとって「家族」がどれほど重要かを知っていると思っていたと話すチウにワンスンは言葉が出ない。一方、イユはジェハクにソンジュを許してほしいと泣きながら訴えるが…。

詳細を見る
第38話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#38」

ワンスン(ユン・ジョンフン)はチウ(ソ・ユジン)を必死に説得するがその会話をヒョシルに聞かれてしまう。激怒したヒョシルはブハンとイボクを呼びつけチウたちを離婚させると言い放つ。そんな中、チウはジンユ(ヨン・ジョンフン)が宅配のバイトをしていることを知る。チウはジンユに、なぜここまでする必要があるのかと問うが…。ちょうどそこへ、ソンジュからメッセージが届く。ジンユにもソンジュから入金があったという連絡が入り、2人はソンジュを捜しに向かうが…。

詳細を見る
第37話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#37」

チウ(ソ・ユジン)の心を取り戻そうと必死になるワンスン(ユン・ジョンフン)は、チウに話す機会を懇願する。そんなワンスンにチウは「家に行く」と告げる。パク家にやってきたチウは、ワンスンに離婚届を突きつける。取り乱すワンスンやその場を取り繕おうとするイボクをよそにチウはブハンにワンスンと離婚することを告げる。チウの決断をどうしても受け入れられないワンスンは、サムスクの元を訪ねチウの説得を頼むが突っぱねられてしまう。

詳細を見る
第36話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#36」

ワンスン(ユン・ジュンフン)を呼び出したチウ(ソ・ジンユ)は距離を置こうと告げる。すがりつくワンスンだったがそこへ一通のメールが届き、チウはワンスンが不妊手術をしていたことを知ってしまう。ワンスンの裏切りに衝撃を受けたチウは…。一方、ジェハクにジンユを頼むという手紙と離婚届を残し家を出たソンジュ。ギップムに会いに幼稚園を訪ねるが、ソンジュのあとを追ってギップムが幼稚園からいなくなり大騒ぎとなってしまう。

詳細を見る
第35話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#35」

チウ(ソ・ユジン)は会社を辞めようとするジンユ(ヨン・ジュンフン)を引き止めることができずにいた。そんな中、チウの元に交番から連絡が入りジンユと共に駆けつけるが、そこでワンスン(ユン・ジュンフン)とミヒャンの不貞行為を知りチウはショックを受ける。チウは家族には黙っていてほしいとジンユに頼み家に戻るが、家ではヒョシルとソンジュが言い合っていた。そしてソンジュはチウに家から追い出さないでほしいと懇願する。その姿を見かねたジンユはついに…。

詳細を見る
第34話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#34」

ヒョシルの病室の前で、ジンユ(ヨン・ジョンフン)は先走って明かしてしまったことをチウ(ソ・ジンユ)に謝罪する。チウはジンユにこの先ソンジュのことは自分が決断を下すと告げる。ジンユは荷物をまとめ、ソンジュに家を出て罪を償おうと話すがソンジュは聞き入れようとしない。ソンジュは退院して戻ってきたヒョシルに許されるまでそばにいると涙ながらに訴える。そんな中、パク家に戻ったチウはイボクとワンスンの会話を偶然聞いてしまい…。

詳細を見る
第33話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#33」

パク家に戻ったチウ(ソ・ユジン)はジェハクに胸に秘めていた怒りを明かす。一方、ジンユ(ヨン・ジョンフン)はソンジュを呼び出し真実を聞き出す。生きるためにそうするしかなかったと泣きながら訴えるソンジュに、ジンユはヒョシルたちにすべてを打ち明け警察に行こうと促すが…。そんな中、ヒョシルはソンジュを娘として迎えようと準備を進め家族の前で話そうとするが、ちょうど帰宅したジンユがみんなの前でソンジュの悪行を告白する。

詳細を見る
第32話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#32」

チウ(ソ・ユジン)はソンジュが平然とした態度をとることが理解できない。意を決しソンジュの耐えがたい裏切りに向き合おうと話す場を設ける。チウの問い詰めにソンジュは…。一方、ジンユはジェハクのDNAが科捜研に登録されていなかったことを聞く。さらに、施設のホヨンの不審な行動からソンジュへの疑念が湧く。当時の配達員が経営するスーパーを訪ねたジンユは、ソンジュが高額の値で店を買ったことを知る。

詳細を見る
第31話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#31」

チウ(ソ・ユジン)の戸籍の整理を頼みにサムスクの元を訪ねたジェハクは、サムスクからメモの存在を知らされ驚く。そんな中、当時の目撃者である配達員が龍仁市場近くでスーパーを経営しているとの情報を得たチウはその配達員を捜しに向う。歩き回っていたチウはとある道で昔の記憶がフラッシュバックする。そこへ同じように配達員を捜しにやって来たソンジュと鉢合わせる。

詳細を見る
第30話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#30」

サムスクの家に行ったチウ(ソ・ユジン)はサムスクの電話の話を聞いてしまいメモの存在を知る。慌ててパク家に戻り子どもの頃の荷物の中からメモを見つけ、そこに書かれた文字を読み驚愕する。そこへソンジュがこっそり部屋に入ってきてチウは混乱してしまう。サムスクとのメモの話を問い詰めるチウだったが、ソンジュは苦しい言い訳をし…。一方、ワンスン(ユン・ジョンフン)はヒョシルから不妊検査をするよう言われたことで頭を抱えていた。

詳細を見る
第29話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#29」

ソンジュが服をわざと捨てていたことを知ったチウ(ソ・ユジン)は、ソンジュへの疑念を振り払えずにいた。そんな中、ジンユ(ヨン・ジョンフン)がチウのために冬のキャンプを提案する。チウはジンユと一緒に市場に買出しに出かけ、庭でのキャンプを家族と楽しむ。一方、ワンスン(ユン・ジョンフン)はミヒャンの夫からのDVを知る。電話の向こうのミヒャンの叫び声を聞いたワンスンはミヒャンの元にかけつけるが、結局またチェ家に行けなくなってしまい…。

詳細を見る
第28話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#28」

翌朝チウ(ソ・ユジン)はパク家に戻りワンスン(ユン・ジョンフン)をチェ家に連れて行こうとするが、ヒョシルが不妊検査の予約をすると聞き話をはぐらかそうとする。一方、ソンジュは警察に調べられる前にジェハクのDNAとすり替えた施設のホヨンの母親について調べ、生前を知る人間にお金を渡し警察に話しが漏れないよう口止めをする。そんな中、チウはギップムから自分がクリスマスにプレゼントした服をソンジュが嫌って隠していたことを聞く。

詳細を見る
第27話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#27」

慈善バザーと限定版の発売の日、ジンユ(ヨン・ジュンフン)にエスコートされ会場に現れたチウ(ソ・ユジン)はヒョシルの孫・チユであると公式に発表される。ヒョシルは、イボクに数日間チウと過ごしたいと頼む。手放しで喜びワンスン(ユン・ジョンフン)と共に送り出そうとするイボクの態度とは裏腹にワンスンは言い訳をつけてチウだけを行かせる。ヒョシルの家にやってきたチウは、断片的に記憶を取り戻すが、その様子にソンジュは記憶がすべて戻るのではとはらはらし…。

詳細を見る
第26話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#26」

ヒョシルたちから招待を受けたサムスクは一家でホテルへと出かける。両家が集まり食事会が行われるが、自分がチユを見失ったと思い込んでいたヒョシルはサムスクから“若い女性がチユと一緒だった”と聞き驚く。ヒョシルは当時の目撃者である配達員を捜そうとジンユ(ヨン・ジュンフン)に話す。一方、ヒョシルたちの反応を妙に思ったサムスクもチウ(ソ・ユジン)が持っていたメモの存在を思い出す。そんな中、ソンジュも密かに配達員を捜そうとする。

詳細を見る
第25話 マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜「#25」

ジョンスンの事務所にチウたちを迎えにきたジンユ(ヨン・ジュンフン)は、ワンスン(ユン・ジュンフン)とミヒャンが一緒にいるのを見てしまう。チウ(ソ・ユジン)とチェ家の夕食に行くはずだったワンスンは、ミヒャンが倒れてしまいチェ家に向かうことができない。依頼人と一緒にいると思っているチウは、ヒョシルたちに申し訳ない気持ちでワンスンに連絡をするが通じない。事情を知っているジンユは、そんなチウを心配し遅れてやって来たワンスンにクギを刺すが…。

詳細を見る
もっと見る

マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜の出演者・キャスト

  • No Image

    ソ・ユジン
    イム・チウ役

  • No Image

    ヨン・ジョンフン
    チェ・ジンユ役

  • No Image

    ユン・ジョンフン
    パク・ワンスン役

  • No Image

    ファン・ソニ
    コ・ユンギョン役

  • No Image

    イム・ガンソン
    パク・ジョンスン役

  • No Image

    キム・ソラ
    チャン・ミヒャン役

  • No Image

    キム・チャンワン
    パク・ブハン役

  • No Image

    パク・チュングム
    キム・イボク役

  • No Image

    シム・ジンファ
    ホン・ソニ役

  • No Image

    パク・イェナ
    チェ・ギップム役

もっと見る

マイ・ヒーリング・ラブ〜あした輝く私へ〜のスタッフ・作品情報

キム・ソンヨン
(演出)
イ・スヒョン
(演出)
ウォン・ヨンオク
(脚本)
  • 「あな番 劇場版」特集!

    田中圭インタビュー更新「あな番 劇場版」特集!

  • イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

    第6回はキベリハムシの生態イケメン東大生・牧田習の「三度の飯より昆虫が好き」

  • =LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

    #2「はめふら」を語る!=LOVEの野口衣織 連載「いおはにほへと。~神アニメ×神セリフ=♡~」

  • 来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

    Vol.2 ニジマスへの想い来栖りん(26時のマスカレイド)お絵描き連載!「虹色スケッチ」

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 「ヒルナンデス!」5曜日横断インタビューナンデス!

    「ヒルナンデス!」5曜日横断インタビューナンデス!

もっと見る