閉じる

ライフ

ドラマ

病院経営の効率と利益を重視する新任社長と、新社長から病院を守ろうとする若い医師を中心に大学病院内で起きる複雑な人間関係とリアルな医療現場を描く。サングク大学病院応急医療センター所属のイェ・ジヌ(イ・ドンウク)は目立つことを嫌う若手医師だが、医師が進むべき道に対する強い信念を持っていた。だからジヌにとってサングク大学病院は、単純な「職場」を超える意味を持つ大きな存在だった。ある日、大企業の経営者だったク・スンヒョ(チョ・スンウ)が社長として赴任してくる。全16話。

  • キャスト・キャラクター

  • 放送情報

ライフのあらすじ

ライフ「#16」

一人暮らしをしたいと言い出したソヌ(イ・ドンウク)が心配でたまらない母親。ソヌは自分と父親の事故のことを今さらながらに、母親に告白していた。同じ頃、ノウルはチーム長を誘ってやけ酒をあおっていた。スンヒョ(チョ・スンウ)の真意を測りかねるノウル(ウォン・ジナ)。一方、解雇を通告されたジヌはスンヒョに徹底抗戦するため、医師たちを講堂に集めていた。スンヒョの解任を求めるジヌ。その時立ち上がった副院長はジヌが自分を告発したと暴露してしまう。それを聞いたギョンムンは衝撃を隠せない。だがジヌはそこで、前院長の口座に入金された支援金の話を持ち出す。前院長が死亡した日、2人がケンカしていたと証言するノウル…。

詳細を見る
ライフ「#15」

病院関係者をシャットアウトして行われる解剖に、ジヌ(イ・ドンウク)は遺族を立ち会わせる。こうして解剖が終わり、ブリーフィングが始まるが、ギョンムンから渡された解剖写真を見たオ院長は解剖医の発表前に、死因を病死と訂正してしまう。メディアはこれを大きく取り上げ、怒ったチョ会長はスンヒョを会社から締め出してしまう。そんな中、オ院長の周囲に怪しい人影が…。翌朝、欠勤したオ院長に代わって会議室にやって来た副院長は何事もなかったかのように会議を進める。一方、ソヒョン(チョ・スンウ)は解剖の経緯について、ジヌを取材するよう命じられていた。ところがその頃、院長はじめ、ジヌ、ギョンムン、ノウル(ウォン・ジナ)まで解雇を通告されて…。

詳細を見る
ライフ「#14」

チョ会長とホン会長に呼び出されたスンヒョ(チョ・スンウ)はそれとなく業務連携へと話を持っていく。その頃、副院長とサンヨプはともに不穏な動きを見せていた。発表された死因に納得できないジヌ(イ・ドンウク)はギョンムンを巻き込んで遺族に解剖を進めるが、拒否されてしまう。その頃ソヒョンは情報提供者を守れなかった非を認めるべきだと上司に詰め寄っていたが、彼女の書いた記事はボツになってしまう。深夜、ジヌから渡されたCT写真と解剖を促す手紙を読んでいた遺族はついに解剖要請に踏み切る。翌朝、ファジョン側は解剖を防ごうと必死で遺族を説得していた。そんな中、スンヒョの前にチョ会長が現れて…。

詳細を見る
ライフ「#13」

ウチャンが進めていた臓器移植手術が始まる。だがウチャンの心は晴れない。そんな中、医療センターの起工式が開かれる。そこにはスンヒョ(チョ・スンウ)の上司、チョ会長も出席していた。そんな会長のもとに入ったホン会長からの電話が気になるスンヒョ。その頃、病院では救急搬送後に死亡した患者にジヌ(イ・ドンウク)が不審感を抱いていた。そこにやって来たソヒョンは死亡患者が報道の情報提供者だと告げる。特ダネを狙う先輩記者の前に情報提供者が倒れているのを目撃したソヒョンは動揺を隠せない。特ダネ事件の背後にはホン会長がいるというソヒョン。一方、スンヒョから死因発表を任されたオ・セファ院長は反発するが…。

詳細を見る
ライフ「#12」

投票が始まるが、有効投票数に届いた候補はなく、セファとギョンムンの決選投票が実施されることに。こうしてセファが院長の座を射止める。うれしさを噛みしめるセファ。その頃、ソヌ(イ・ドンウク)がギョンムンの診察室に入るのを見たノウルは、ソヌの体が深刻な状態にあることを知って衝撃を受けていた。ギョンムンはソヌに休職を進めるが、ソヌは受け入れない。引継ぎのために副院長を呼びつけたセファは子会社を作ったことを厳しく非難する。次にセファが噛みついたのはスンヒョ(チョ・スンウ)だった。一方、ギョンムンからソヌの症状を聞き出したノウル(ウォン・ジナ)は動揺していた。ジヌに告げることもできず、ただ涙するノウル。

詳細を見る
ライフ「#11」

院長選挙への出馬を部下から促されたギョンムンは思い悩んでいた。同じ頃、ソヌ(イ・ドンウク)から思いを告白されたノウル(ウォン・ジナ)も複雑な気持ちを抱えていた。 翌日、ソヌと対面したスンヒョ(チョ・スンウ)は不正を働いた副院長を辞めさせると言い出す。ソヌは過ちを認められる環境を作るよう、スンヒョに促す。スンヒョの手腕に期待するソヌ。スンヒョから無期定職処分を言い渡された副院長は院長に立候補したセファやサンヨプに八つ当たりし、スンヒョにも脅迫めいたことを口にする。一方、ジヌはギョンムンに院長になってほしいと頼み込んでいた。根回しに奔走するジヌだったが…。

詳細を見る
ライフ「#10」

ジヌ(イ・ドンウク)は誰が次期院長にふさわしいか、考えを巡らせていた。一方、ウチャンは何度断られても、辛抱強く家族に臓器提供を働きかけていた。その甲斐あって、家族はついに承諾書にサインする。その頃、ソヌは副院長の診療記録を精査し、手術室の映像提供を求めていた。ソヌに不正を明かされた副院長は怒りに任せて、車いすで医師を目指したソヌを辱める。ジヌはそんな副院長を許すことができない。スンヒョもまた、問題だらけの病院に呆れかえっていた。騒動を知ったオ・セファは副院長の失脚が自分にもたらすかもしれない栄光にまんざらでもなかった。

詳細を見る
ライフ「#9」

診療に歩合制が導入され、医師たちは不安を募らせる。ノウル(ウォン・ジナ)はスンヒョ(チョ・スンウ)の見せる冷酷な面と優しい面の両面に困惑を隠せない。そんな中、何の前触れもなく、副院長に調査が入る。調査員としてやって来たのはジヌ(イ・ドンウク)の弟ソヌだった。副院長はジヌが告げ口をしたと決めつけ、怒りを露わにする。ソヌがやって来たのは想定外だったものの、副院長が思った通り、告発したのはジヌだった。ジヌは副院長が院長になるのを何としても阻止しようとしていた。一方、脳死患者の家族に臓器提供を求めに向かったウチャンは患者の親族に罵倒され、無力感に打ちひしがれていた。

詳細を見る
ライフ「#8」

科長たちの前で、スンヒョ(チョ・スンウ)を追い出すと宣言する副院長。一方、スンヒョが導入した投薬ミスを防ぐためのシステムは在庫管理などの煩雑な仕事を劇的に減らし、医局で歓迎されていた。その頃、ジヌ(イ・ドンウク)は病院長の役割と権限について調査していた。病院長には社長の解雇権があることを確認するジヌ。そんな中、神経外科センター長のオ・セファは院内で公然と健康食品の販売がまかり通っていることをスンヒョに抗議するが、むしろ言い込められてしまう。動物ボランティアの日がやって来る。ジヌやノウル(ウォン・ジナ)も参加する中、スンヒョは病気の犬を放っておけず連れ帰ろうとするところをノウルに見られてしまう。

詳細を見る
ライフ「#7」

手術中に死亡した患者の検討会が開かれる。ジヌ(イ・ドンウク)も最初に患者を受け入れた救急医として、壇上で説明を求められる。ところがそこに現れたスンヒョ(チョ・スンウ)が問題を提起したために、担当のヤン医師は次第に追い詰められてしまう。その時、ギョンムンが突然立ち上がり、人手不足や赤字手術の現状をスンヒョに向かって訴え始める。医師たちの刺すような視線が集まる中、スンヒョはいきなり派遣を撤回すると言い出し、医師たちを当惑させる。そんな中、空いたままになっていた次期院長を選ぶ選挙が始まる。副院長は院長の座に就くために、スンヒョと手を組むことにするが…。

詳細を見る
ライフ「#6」

デモ開始が宣言され、メディアが取材に集まる。だがスンヒョ(チョ・スンウ)は先手を打って、投薬ミス事件を公表してしまう。本格的な病院改革に乗り出したスンヒョは収益の高い手術や医療行為を積極的に推進しようと考えていた。そんな中、投薬ミスは遺族がインタビューを受けるなどメディアに露出したことで、市民の高い関心を呼んでいた。「セグル21」の取材を受けたジヌ(イ・ドンウク)は医療事故より、スンヒョが推進する効率化への批判を展開する。同じ頃、小児科医のノウルはスンヒョのもとを訪れていた。スンヒョを小児病棟に案内するノウル。必死に生きる小さな命の存在に思いがけず心を揺さぶられるスンヒョ。

詳細を見る
ライフ「#5」

土地の入手に成功したスンヒョ(チョ・スンウ)。その頃、病院ではスタッフたちがスンヒョへの反発を強め、ストを準備していた。だが、情報はすでにスンヒョのもとに届いていた。資料を精査した構造調整室の社員たちはがんセンターの記録が意図的に削除された事実を発見する。投薬ミスによって患者が死亡したことを突き止めたスンヒョはセンター長のイ・サンヨプを責め立てる。ウチャンから医療事故は日常茶飯事だと知らされ、憤るスンヒョ。一方、がんセンターの医療事故の隠ぺいに故イ院長が関わっていたと知ったジヌ(イ・ドンウク)は、院長の個人口座に高額の入金があったことが気になっていた。

詳細を見る
ライフ「#4」

院長が生前ジヌ(イ・ドンウク)を大事にしていたのを知っているチュ・ギョンムン胸部外科センター長は売上表をアップしたのは自分だとスンヒョ(チョ・スンウ)に告げる。ギョンムンがジヌをかばっているのを知りつつ、スンヒョはジヌの解雇を中止する。だが一方で、院内の効率を図るためにスンヒョは経営構造対策を開始すると宣言する。こうして、医局は構造調整室の社員たちによって、引っ掻き回されてしまう。緊急医療センター長のイ・ドンスは怒りを抑えきれない。医療現場のさまざまな資料を次々に持ち去る社員たち。その頃、スンヒョは環境大臣の実家を訪れていた。大臣の両親が所有する広大な土地の入手が彼のミッションだった。

詳細を見る
ライフ「#3」

金にならない救急患者の受け入れで、地方派遣の先鋒にされたジヌ(イ・ドンウク)。派遣の裏側に隠された真実を探ったジヌは死んだイ院長のIDを使って、診療科別売上表を掲示板にアップする。だがこの書き込みは大きな波紋を呼ぶことになる。招集された医局会議でこの議題が取り上げられると、医師たちは口々にストライキを叫ぶ。しかしジヌはそれこそがスンヒョ(チョ・スンウ)の思う壺だと知っていた。その頃、スンヒョは臓器移植コーディネーター、ソン・ウチャンの手引きで、医局会議の様子をつぶさに聞き取っていた。掲示板への書き込みがジヌの仕業と知ったスンヒョは彼を解雇すると言い出すが…。

詳細を見る
ライフ「#2」

地域医療との連携を理由に、赤字の診療科医師を地方病院に派遣させるという話が持ち上がり、ジヌ(イ・ドンウク)はそれを推進しようとするキム副院長への不信感をあらわにする。そのアイデアの張本人こそ、医師の派遣によって保健福祉部から支援金が出ると知ったク・スンヒョ(チョ・スンウ)だった。病院が企業に買収されたことによって、効率ばかりが叫ばれることに危機感を抱いた医療陣は副院長に不満をぶつける。だが、スンヒョはそんな医師たちの不満を地方に蔓延する医療不足の現実を盾に、封じ込めてしまう。患者の苦痛を目の当たりにしてきたジヌはこの事態を打開したいのだが…。

詳細を見る
ライフ「#1」

サングク大学病院の救急医療センターで専門医として働くイェ・ジヌ(イ・ドンウク)は、たくさんの救急患者を救うべく、毎日忙しく働いていた。そんな彼のもとへ、転落事故患者が運ばれてくる。それはなんと、同病院の院長、イ・ボフンだった。付き添っていたのは副院長のキム・テサン。キム副院長の応急処置もむなしく、イ院長は救急車の中で死亡していた。ジヌはイ院長がキム副院長の家で酒を飲み、誤って屋上から転落したという話がにわかには信じられず、独自に調査を開始する。一方、病院経営に携わる新任総括社長のク・スンヒョ(チョ・スンウ)は病院の徹底的な効率化を目指して、生前のイ院長と対立していた。

詳細を見る

ライフの出演者・キャスト

  • No Image

    イ・ドンウク
    イェ・ジヌ役

  • No Image

    チョ・スンウ
    ク・スンヒョ役

  • No Image

    ウォン・ジナ
    イ・ノウル役

  • No Image

    イ・ギュヒョン
    イェ・ソヌ役

  • No Image

    チョン・ホジン
    イ・ボフン役

  • No Image

    ムン・ソリ
    オ・セファ役

  • No Image

    ユ・ジェミョン
    チュ・ギョンムン役

  • No Image

    ムン・ソングン
    キム・テサン役

  • No Image

    ヨム・ヘラン
    カン・ギョンア役

  • No Image

    チェ・ユファ
    チェ・ソヒョン役

もっと見る

ライフのスタッフ・作品情報

ホン・ジョンチャン
(演出)
イム・ヒョンウク
(演出)
イ・スヨン
(脚本)

ライフの放送情報

  • ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ
    2021年8月11日(水) 昼0:00
  • 岡崎紗絵のSaestagram

    「ナイト・ドクター」出演で話題!岡崎紗絵のSaestagram

  • ドラマ「イタイケに恋して」SP特集

    “イタきゅん”ラブコメディ!ドラマ「イタイケに恋して」SP特集

  • 原作コミック・小説まとめ

    夏ドラマ原作を紹介!原作コミック・小説まとめ

  • CM GIRL CLIPS

    毎週水曜更新!CM GIRL CLIPS

  • フレッシュ美男美女特集

    増子敦貴、恒松祐里が登場!フレッシュ美男美女特集

  • ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

    スリリングラブコメディ!ドラマ「ボクの殺意が恋をした」SP特集

もっと見る