閉じる

夜王〜yaoh〜

ドラマ

2006年1月13日-2006年3月24日/TBS

ホスト界の頂点“夜王”を目指すホストの奮闘を描く。エステを経営する社長・水前寺が、ホストクラブ・ロミオを訪れた。水前寺はサロンのパーティーをロミオのホストに演出してもらいたいという。蓮らは売り上げ最下位の遼介抜きでの演出を提案。が、店長の矢島は、クラブ全員での演出にこだわる。

  • あらすじ

  • キャスト・キャラクター

夜王〜yaoh〜のあらすじ

第11話 夜王〜yaoh〜「ホスト軍団と四天王集結! たかがホストと言わせない」
2006年3月24日 TBS

「ロミオ」に強制捜査が入り、覚醒剤が見つかった。さらに矢島(内藤剛志)が何者かに襲われ意識不明に。営業停止の危機に陥った「ロミオ」から、蓮(須賀貴匡)らホストも離れていく。後日、遼介(松岡昌宏)は意識を取り戻した矢島から、フジ子(杉本彩)が一連の事件の黒幕だと聞く。フジ子を訪ねた遼介は、彼女がホストクラブを開くことを知る。

詳細を見る
第10話 夜王〜yaoh〜「遼介VS聖也! 歌舞伎町、全面戦争」
2006年3月17日 TBS

遼介(松岡昌宏)が光(忍成修吾)に刺された。店に迷惑が掛かると考えた遼介は、表ざたにすることを避ける。修(要潤)らは風邪を口実に入院している遼介のため、店の売り上げ向上に奮闘。その間、聖也(北村一輝)は太客のフジ子(杉本彩)のみの接客に集中し、売り上げを伸ばし続ける。一方で、聖也の常連客たちは、聖也を見限り、離れていく。

詳細を見る
第9話 夜王〜yaoh〜「悪魔のキス! No.1への鍵を握る女」
2006年3月10日 TBS

遼介(松岡昌宏)と聖也(北村一輝)の売り上げを懸けたナンバー1争いの期限が、3週間と迫った。遼介は営業をかけ、順調に売り上げを伸ばす。ある日「ロミオ」に来店した会社社長の珠希(純名りさ)は、遼介を指名。珠希は「あなたをナンバー1にしてあげる」と高級酒を注文する。だがその後、遼介は店を出た珠希が聖也と話す姿を目撃する。

詳細を見る
第8話 夜王〜yaoh〜「ホストの掟! 恋愛禁止…」
2006年3月3日 TBS

遼介(松岡昌宏)は、麗美(かたせ梨乃)との約束を果たすため、売り上げを伸ばしナンバー3にまで上り詰めた。焦った聖也(北村一輝)派は内紛状態に陥る。そんな中、夏輝(石垣佑磨)の好みの女性・祥子(木内晶子)がロミオに来店。大金を使った祥子は、売り掛けを夏輝にせがむ。夏輝は祥子に翌日払う約束を取り付けるも、連絡が取れなくなる。

詳細を見る
第7話 夜王〜yaoh〜「麗美の死! ホストの逆襲」
2006年2月24日 TBS

岡崎(岩城滉一)によるロミオへの嫌がらせは、より一層ひどさを増す。そんな中、麗美(かたせ梨乃)が発表会を開く予定の会場から、キャンセルの連絡が突然入る。岡崎の仕業と直感した遼介(松岡昌宏)は岡崎に麗美ががんに侵されていることを明かす。が、岡崎は態度を一向に変えない。ある日、麗美は岡崎と会う手はずを整えるよう、遼介に頼む。

詳細を見る
第6話 夜王〜yaoh〜「ホステス軍団ロミオ封鎖」
2006年2月17日 TBS

遼介(松岡昌宏)が月間の売り上げ5位に輝いた。そんな中、経営不振のメーカー会社社長・岡崎(岩城滉一)が、麗美(かたせ梨乃)を訪問。かつて麗美の仕事仲間だった岡崎は、麗美に助けを求めるも、取り合ってもらえない。業を煮やした岡崎は遼介を使って、麗美との接触をもくろむ。が、断られた腹いせに、遼介への嫌がらせを始める。

詳細を見る
第5話 夜王〜yaoh〜「聖也をNo.1に育てた魔女」
2006年2月10日 TBS

聖也(北村一輝)が新人当時、1カ月で彼をナンバー1にした綾子(古手川祐子)が来店。聖也は蓮(須賀貴匡)らを従え、特別待遇で迎える。だが翌日、聖也は再び来店した綾子を遼介(松岡昌宏)に接客するよう指示。綾子の画廊が倒産したことを知った聖也は、金にならないと考え見切りをつける。そんな中、麗美(かたせ梨乃)は遼介に、がんを告白する。

詳細を見る
第4話 夜王〜yaoh〜「ホスト四天王全面対決!」
2006年2月3日 TBS

修(要潤)は、妹の操(佐藤めぐみ)を歌舞伎町で見かける。操が別のクラブのホスト・哲也(松田悟志)に熱をあげていると知った修は、操のことが気が気でない。遼介(松岡昌宏)は仕事に身が入らない修を気にかける。後日、修はキャバクラで稼いだ金を哲也に貢ぐ操を目撃。操に哲也と別れるよう諭すが、自分もホストをしている手前、強く言えない。

詳細を見る
第3話 夜王〜yaoh〜「ホストを騙して三千里!」
2006年1月27日 TBS

ハーフのクラリス(ベッキー)が来店した。遼介(松岡昌宏)を指名し、80万円の高級ボトルを注文する。が、クラリスは一銭も持っておらず、遼介が支払いを補てんするハメに。そんな中、大学教授の坂下(黒田福美)が来店し「100万円で楽しませてくれたら、指名してもいい」と発言。遼介と大河(青木伸輔)は、指名獲得を賭けて争うことに。

詳細を見る
第2話 夜王〜yaoh〜「ハイエナホストに降る雪」
2006年1月20日 TBS

遼介(松岡昌宏)は矢島(内藤剛志)に、3カ月でナンバー1にならなければクビだと宣告される。そんな中、ホテル経営者を父に持つ千春(星野真里)が来店。千春が同郷と知った遼介は、好感を抱く。後日、遼介は、思い詰めた様子で風俗店へ入る千春を目撃。気になり、千春が来店した際にその話を切り出すが、千春は怒って帰ってしまう。

詳細を見る
第1話 夜王〜yaoh〜「女性を癒す情熱ホスト」
2006年1月13日 TBS

ホスト界の頂点“夜王”を目指すホストの奮闘を描く。エステを経営する社長・水前寺(南野陽子)が、ホストクラブ・ロミオを訪れた。水前寺はサロンのパーティーをロミオのホストに演出してもらいたいという。蓮(須賀貴匡)らは売り上げ最下位の遼介(松岡昌宏)抜きでの演出を提案。が、店長の矢島(内藤剛志)は、クラブ全員での演出にこだわる。

詳細を見る

夜王〜yaoh〜の出演者・キャスト

  • No Image

    松岡昌宏
    的場遼介役

  • No Image

    北村一輝
    聖也役

  • 香里奈

    香里奈
    斉藤祭役

  • 要潤

    要潤
    修役

  • 石垣佑磨

    石垣佑磨
    夏輝役

  • No Image

    須賀貴匡
    蓮役

  • No Image

    青木伸輔
    大河役

  • 忍成修吾

    忍成修吾
    光役

  • No Image

    岩佐真悠子
    結花役

  • No Image

    小川奈那
    奈々子役

もっと見る

夜王〜yaoh〜のスタッフ・作品情報

倉科遼
(原作)
井上紀良
(原作)
いずみ吉紘
(脚本)
渡辺啓
(脚本)
酒井聖博
(演出)
倉貫健二郎
(演出)
堀英樹
(演出)
  • コミック試し読みまとめ

    話題の作品がいっぱい!コミック試し読みまとめ

  • BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

    BLUE ENCOUNT田邊駿一のドラマ語り!

  • TOKYO MX特集

    “クセ強”番組多数!TOKYO MX特集

  • イラストコラム「いつもテレビをみています」

    イラストコラム「いつもテレビをみています」

  • 【夏ドラマまとめ】2022年7月期の新ドラマ一覧

    随時更新中!【夏ドラマまとめ】2022年7月期の新ドラマ一覧

  • アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

    オリジナルコミック連載!アイドルにとって“恋愛”は悪?「ジルコニアのわたし」

もっと見る