夢二

画家・竹久夢二の姿を幻想的なタッチで描く。恋人の彦乃と駆け落ちするために金沢近郊の湖畔にやってきた夢二は、希代の殺人鬼・鬼松と美女・巴代に出会う。