かくも長き不在

帰らない夫を待ちわびる妻の姿を通して、戦争の悲惨な傷跡を描く。カフェを営むテレーズの前に、夫に似た記憶喪失の男が現われた。カンヌ映画祭でグランプリを受賞。