美女出演のCMをPickUp!
ザテレビジョンCM特集

数多のテレビCMの中からザテレビジョン編集部が注目した美女&美少女出演のCMをピックアップ!これを見れば“今旬”のCM美女が丸分かり!

NEWS

  • 西野七瀬の“キュートな関西弁”に鶴瓶もメロメロ!「めちゃめちゃ可愛い」

    西野七瀬の“キュートな関西弁”に鶴瓶もメロメロ!「めちゃめちゃ可愛い」

    11月20日に、東京・西銀座チャンスセンターにて行われた「年末ジャンボ宝くじ・年末ジャンボミニ発売記念イベント」にTVCMにも出演中の笑福亭鶴瓶と佐藤健、西野七瀬が登壇した。「年末ジャンボ宝くじ・年末ジャンボミニ」の新CM撮影の感想を聞かれると、元指揮者から教わりながら撮影に挑んだと明かした鶴瓶。さらに、前作のCM撮影を回顧した鶴瓶は「(CM内の)タップはホンマに踏んでますからね」とコメントし、これには西野も「あれ、本当に踏んでたんですね!」と驚いた様子を見せた。一方、佐藤は「こわ!嘘ですって(笑)」とすかさずツッコミ。鶴瓶のタップがCGであることを明かし、和やかな雰囲気でイベントはスタートした。さらに、西野の関西弁を鶴瓶が「めちゃめちゃ可愛い」と大絶賛する一幕も。CM内での西野のセリフ「ないやろ」を絶賛し、これには西野も「ありがとうございます(笑)」と照れ笑いを見せた。そして、最後には西野も生で関西弁を披露。鶴瓶の「(年末ジャンボ宝くじを)買わないという選択肢はないやろ」というコメントに続けて西野が「ないやろ」というキュートな関西弁で締めくくった。なお、「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」は11月20日から12月21日(土)まで発売される。

  • 西野七瀬「安心感が違う」、“あな番”片桐仁と宝くじCMで再共演!

    西野七瀬「安心感が違う」、“あな番”片桐仁と宝くじCMで再共演!

    西野七瀬と片桐仁が出演する、「ジャンボ宝くじ」CMシリーズの新CMが11月14日(木)から全国で放送される。ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)以来となった片桐との共演に、西野は「安心感が違う」と撮影後のインタビューで明かした。同CMシリーズは、笑福亭鶴瓶がイメージキャラクターを務めており、“ジャンボ宝くじを心から楽しみ尽くす男”というコンセプトのもと、宝くじにどっぷりハマる鶴瓶と相棒役の佐藤によるコミカルなやり取りが話題だ。今回、新たに西野と片桐が出演するのは「年末ジャンボ宝くじ」と「年末ジャンボミニ」の新TVCM「年末ジャンボ宝くじ『年末ショーで宝くじ』篇」。■ 「年末ショーで宝くじ」篇(30秒)CMストーリーステージ上でスポットライトを浴びながら「令和元年、いろんなことがありました」と切り出す鶴瓶。「うまくいかんかったこともあったでしょう。でも最後にはきっといいことがあると信じようじゃないですか」と熱心に語る鶴瓶の後方に、アシスタントの西野が近づく。次の瞬間、キリっとした表情に変わる鶴瓶。客席の佐藤が「師匠、まさか…」と驚いていると、西野が「年末ジャンボ宝くじ」のくじ券で作られた「令和」の額縁を大きく掲げる。その横で「買わないという選択肢はないやろう!」とドヤ顔で言い放つ鶴瓶に、西野も同様のドヤ顔で「ないやろう!」と重ねる。すると、開いた暗幕の奥から合唱団が登場して歌い始め、激しいジェスチャーを交えてタクトを振る指揮者の鶴瓶。額縁を掲げた西野やコーラス隊の片桐も一緒に歌い、一体感が高まっていく。そして、鶴瓶がクールなアクションで合唱を締めると、客席から一斉にスタンディングオベーションが起こり、佐藤は「やりきった!」と笑みを浮かべる。■ 西野七瀬が鶴瓶の決めゼリフに挑戦!「令和」の額縁を掲げた西野が「ないやろう!」と呼びかけるシーンでは、できるだけ鶴瓶のセリフのニュアンスに寄せるため、監督からの「もっと意地悪そうに」「挑発的な感じで」という指示が矢継ぎ早に飛び、西野はバリエーション豊かな演技で応じた。また、歌うシーンでは、最初は大勢のスタッフの前で歌う照れくささから少し声が小さかったものの、ドラマ「あなたの番です」で共演したばかりの片桐やコーラス隊の皆さんの後押しを受け、徐々に声量も大きくなり、表情もナチュラルに。OKテイクでは堂々たる歌唱を披露し、満面の笑みを浮かべていた。■ 31テイクを費やした片桐の怪演!コーラス隊がアップになるシーンでは、監督から「狂気的に」という指示を受けた片桐。口を大きく開けて発声するだけでなく、眉を上下にピクピク動かしたり、鼻息を荒くしたり、目を大きく見開いたりと、あらゆるパーツを使った抜群の“顔面お芝居”で現場を笑いの渦に巻き込んでいた。また、片桐の演技力が監督の演出魂に火をつけたのか、「アゴを引く動きを少し早く」「『年末』という歌詞を歌う時に口角を上げて」などと、どんどん細かくなる指示に、さすがの片桐も「それ難しくないですか?」と本音を漏らす場面も。31テイク目にして、ようやく監督の口から「OK!」という言葉が飛び出すと、片桐の頑張りに対して、スタッフから大きな拍手が湧き起こった。■ 西野「メッチャうれしかった」――年末ジャンボ宝くじのCM出演オファーを聞いた時のお気持ちはいかがでしたか?西野:ビックリしました。鶴瓶さんの「買わない、という選択肢はないやろう」というセリフが印象的で、よく聞いていたので、「え、それ!?」「自分でいいのかな?」と思って。メッチャうれしかったです。片桐:鶴瓶師匠と佐藤健くんのCMに、まさか自分が出られるなんて。しかも七瀬さんとは共演したドラマが終わって、すぐのタイミングでご一緒したので、縁があるなと思いました。――「令和」の額縁を掲げるシーンはいかがでしたか?西野:けっこう重かったです。幅もあるので、特に右手がつらかったんですけど、なかなかできないことですからね。CMの出演とダブルでうれしかったです。片桐:そうですよ。官房長官でもないのに(笑)。一生に一回の経験でしょうね。西野:いい記念になりました。――10億円の年末ジャンボ宝くじが当せんしたら、かなえたいジャンボな夢をお聞かせください。西野:いろいろ考えたのですが、オブジェを建てたいと思います。ずっと残って、いろんな人が見られる、石像とか。片桐:なるほど。太陽の塔みたいな感じで、西野七瀬の像を作りたいと。西野:はい。当たった記念で作られた像です、みたいな。メッチャ良くないですか?片桐:どんなポーズにします?西野:全身ですかね。片桐:100メートルぐらいはほしいですよね。あと、中を歩けるようにしたいですよね。西野:いいですね。そういう観光ブツになりたいです。片桐:ブツ(仏)って(笑)。ホント、仏のレベルですよね。ファンの人、喜びますよ。西野:ぜひ写真を撮ってほしいです。片桐:世界中から来ますよ。宝くじに当たった10億円で、自分の像を作った人だよって。西野:きっと語り継がれますよね。片桐:町おこしとかになるかもしれないですね。西野:いいですね。ぜひ地元に。片桐:じゃあ、僕が西野七瀬の像の原型を作りますね。僕が当たっても、七瀬さんが当たっても、地元に西野七瀬の像ができます。西野:やったー!片桐:夢がありますね。――「令和元年」を振り返って、どんな一年でしたか?西野:今年は25歳の節目で、元々印象的な年でしたが、実際にグループを卒業して、環境がガラッと変わり、ドラマとか一人のお仕事を始める年になったので、人生の中でもターニングポイントだったんじゃないかなと思います。すごく中身の濃い一年でした。片桐:七瀬さんと一緒に出たドラマは、さまざまな年齢の人がいて、すごくコミュニケーションが取れる現場で、そういう出会いを大切にしなきゃなと改めて感じました。いろんな人と出会って、影響を受けたり、与えたりもしながら、あっという間に過ぎていくんですけど、すごく充実した一年だったと思います。――2020年は、どんな年にしたいですか?西野:お芝居もどんどんやっていきたいですし、今回の片桐さんのように、いろんな現場で出会った皆さんと、また来年もどこかでお会いできたらいいなと思います。片桐:一回共演した後、また別の作品で共演できるとうれしいんだよね。西野:安心感が違いますよね。今年以上に充実できるよう、努力を続けていきたいと思います。片桐:僕は来年の3月に大規模な作品展をやろうと思っていますので、これを無事に成功させて、アーティスト業の方も充実させていけたらいいなと思います。■ 鶴瓶「(佐藤は) ええ顔してるよ」――令和元年を振り返って、どんな一年でしたか?鶴瓶:10年ぶりの主演映画で、体重を7kg落としたのが大変でしたね。佐藤:ドリームジャンボから師匠と共演させて頂いて、サマージャンボ、ハロウィンジャンボと来て、今回が年末ジャンボじゃないですか。僕はこの仕事で、季節を把握しています(笑)。鶴瓶:そう言われれば、そうやな。佐藤:あ、もう夏なんだ、もうハロウィンの時期だ、とか。そして、もう年末なんだ、というのが今回です。鶴瓶:CMは季節をちょっと先取りして撮影しますからね。佐藤:一年、あっという間でしたね。鶴瓶:ホンマにあっという間。この一年、メチャメチャ早かったわ。――ドリームジャンボ宝くじの撮影で初めて鶴瓶さんと共演が決まった時、どう思いましたか?佐藤:非常に光栄なことなので、すごくうれしかったです。鶴瓶:俺は普段、「健、健」言うてますけどね、実はそばで彼の顔見たら上がるんですよ。この顔、ええ顔してるよ。対象的な顔の二人ですよね。ホンマに、うまいこと選びはったわ。――「令和」を掲げるシーンにちなんで、来年の抱負を“漢字二文字”で発表してください。鶴瓶:「通常」。去年も今年も変わらず、ずっと通常の日々を送るという。深いやろ?佐藤:いいですね。毎年の抱負が、「通常」ということですよね。鶴瓶:そうそう。これを続けることがすごく大事や。俺が先に出したから、そっちはエッと言われるようなのを出さないとあかんで。佐藤:僕も基本は「通常」で行きたいんです。でも、来年はこれにチカラを入れていきたいと思います。「整体」。この前ちょっと急な運動をしたら、首が動かなくなっちゃって。これはそろそろケアをしていかないとダメかもしれないなと思って。鶴瓶:ただのマッサージやん(笑)。

  • 有村架純&浜辺美波、姉妹役で再共演!“仲が良すぎて”監督からツッコミも

    有村架純&浜辺美波、姉妹役で再共演!“仲が良すぎて”監督からツッコミも

    有村架純と浜辺美波が姉妹役を演じ反響を呼んだ、生活障害共済のTVCMシリーズ「働くわたしのささエール」の第4弾「保障点検」篇と第5弾「保障の見直し」篇が、11月11日(月)に全国で放映開始。撮影では、仲の良すぎる2人が監督から「笑ってんじゃないよ!」とツッコまれる場面があった。同CMは、ライフアドバイザー役の有村とその妹役・浜辺の日常生活を、いきものがかりの楽曲「太陽」にのせて描くシリーズ最新作。■ 第4弾「保障点検」篇(30秒)ストーリー「保障点検」篇では、自宅で姉妹旅行の準備を進める有村と浜辺。順調に準備を進めていたのもつかの間、宿の予約を忘れていたことに気付いた2人は、お互いに顔を見合わせて慌てふためく、というストーリーが展開。有村と浜辺が演じる姉妹のテンポの良い掛け合いと、仲むつまじい様子を見ることができる。■ 第5弾「保障の見直し」篇(30秒)ストーリーそして、「保障の見直し」篇では姉妹の幼なじみである庭師の“カズちゃん”に、有村が「これ、見直しといたよ」と保障内容を見直したプランを見せるところからスタート。手書きでびっしりと書かれたプランを見て驚くカズちゃんが「なんでこんなに心配してくれるの?」と尋ねると、有村は「好きだから、この仕事」と一言残し、その場を去る。そんな2人を自宅の窓から見ていた浜辺が「はいカズちゃん振られた」とからかい、浜辺とカズちゃんのほほえましいやり取りが繰り広げられる。■ 息ぴったりなアドリブを披露!今回で2回目の共演となる有村と浜辺。宿の予約を忘れていたことに気付くシーンでは、ほとんどのカットをアドリブで演じることに。宿予約を忘れたことをお互いになすりつけ付けあっているパターンや、両手を広げて「あー!」とオーバーなリアクションをするパターン、笑いながら野宿を提案するパターンなど、どれもアドリブが効いた演技を披露した。仲の良さがにじみ出てしまい、終始笑顔を見せる姉妹に監督からは、「(宿の予約を忘れたのに)笑ってんじゃないよ!」と思わずツッコミが入っていた。■ 撮影の合間も、本当の姉妹のように仲の良い2人撮影の途中で、撮影に使う水着のデザインを選ぶ有村と浜辺。スタッフから「これがいいんじゃない?」と勧められた水着を見た有村がつぶやいた「攻めるわね」というセリフに、浜辺やスタッフが思わず笑い出してしまう場面も。撮影の合間も、終始2人の笑い声が響き渡っており、まるで本当の姉妹のように仲むつまじい様子を見せていた。■ 浜辺のお誕生日をサプライズでお祝い!撮影終了後、8月29日に19歳の誕生日を迎えた浜辺に、サプライズで巨大なケーキが登場。浜辺は驚きつつもうれしそうな表情を見せながら、「19歳になっても有村さんのような素敵な大人に成長できるように頑張ります!」と、抱負を語った。■ 有村架純、浜辺美波コメント――CM撮影を終えての感想を教えてください。浜辺:「宿予約」の後の言葉は、ほとんど決まってなくてアドリブだったんですけど、わちゃわちゃする感じが楽しかったです。監督も全然カットしないから、長い時とかもあって、近づいたり怒りあったりして、それが特に楽しかったです。有村:(宿の予約を忘れていたことを)なすり付けあってるのがかわいい姉妹だなって、客観的に見て思いました。浜辺:宿の予約って結構重大なことなのに、「なんとかなるか」って言って収めようとする2人がすごく好きでした。――おそろいのTシャツを着た感想を教えてください。有村・浜辺:かわいいです!浜辺:私、弟しかいないので、こういうの着たことなくて、だから女性の姉妹がほしくなりました。有村:テレビの録画のシーンの後ろ姿、かわいかったよね。浜辺:1番、2番って書いてあるんですよね。有村:ちょっと持って帰っておそろいで着たいですね。――浜辺さんは19歳の抱負を教えてください。また、有村さんは19歳になる浜辺さんにアドバイスをお願いします。浜辺:20歳への準備期間でもあると思っているので、強い精神力を持てるように鍛えて、体も心も丈夫に頑張っていきたいなと思います。(CMの)お姉ちゃんみたいに、強い女性になれるように頑張ります。有村:そうですね、7年前の話ですね。20歳になる直前で結構悩んでた時期だったかなと思います。でも、早く20歳になりたかった。20歳を目指して頑張っていたっていうのは(あります)。――共演を経て2人の距離は縮まりましたか?有村:私は縮まっていると思っています。浜辺:私もです!有村:まだお外には出てないですけど、連絡も取るようになりましたし、1回目よりも今日の方がたくさん喋れたよね?浜辺:そうですね!旅行行くって言ったら、「楽しんできてね」って一言だけわざわざ出発の当日に(連絡を)くださって、「あー!」ってうれしくなりました。――1番うれしかったメッセージはありますか?浜辺:有村さんが「おうちに遊びにぜひ来てね」って一言くれたときがあって、「おうちですか!?」ってなりました。ちょっと緊張しすぎて行けないですけど、言葉だけでも十分うれしかったです。有村:あとはスケジュールを合わせるだけです。

  • “いちご姫”ファイナリストの菊地日菜子、初めてのCM出演!ほろ苦い中学生の恋愛描く

    “いちご姫”ファイナリストの菊地日菜子、初めてのCM出演!ほろ苦い中学生の恋愛描く

    菊地日菜子とレノン翔ディッキーを起用した、西日本鉄道グループの新TVCM&WEB CM「幸せのそばで」が、11月1日(金)に公開された。本CMは、バスや学校を舞台に、ひかれあう1組の中学生男女の甘酸っぱい恋愛模様を映画さながらに描いた、エモーショナルな青春ストーリーとなっている。心の奥底をくすぐるような、キュンとする場面を切り取り、街中にさまざまな形の幸せな場面が広がっているという構成だ。「こんな思い出あるかも!」「青春モノの映画で見かけそうな“あるある”なシーン」など、いろいろな胸に来るシーン、ハッピーなシーンが表現されている。また、幸せなシーンの直後に心の心情や祝福を、紙吹雪が舞うという演出がされている。WEBで公開されている160秒の動画の他、ダイジェスト版もテレビCMとして福岡県内でオンエアの予定。菊地は、福岡県で毎年行われている「いちご姫コンテスト」のファイナリストで、これが初めてのCM出演となる。

  • ムック、ついにガチャピンへの積年の思いを明かす!「みんなに『キャーキャー』言われたいですぞ」

    ムック、ついにガチャピンへの積年の思いを明かす!「みんなに『キャーキャー』言われたいですぞ」

    石田ゆり子がCMキャラクターを務める「ボーナスBIG」が、11月2日(土)から期間限定で販売される。それに合わせて、石田がガチャピン、ムックと共演する新CM「あの人もBIG ガチャピン・ムック篇」をオンエア。さらに、ムックがガチャピンへの積年の思いを明かすインタビュー動画「ムックさんのBIGな告白」も公開される。■ ムック、女性に囲まれるガチャピンに嫉妬?BIGオリジナルの赤いエプロンに身を包み、BIG売り場の店長に扮(ふん)する石田の元に、さまざまな客がやって来るCM「あの人もBIG」シリーズ。「ガチャピン・ムック篇」では、ムックがBIG売り場を訪問。「BIGってすごい額ですね~」と駆け寄るムックに、石田は「もしすごい額があったら?」と問い掛ける。ムックが「ガチャピンより人気者になってやりますぞ~」と答え、多くの女性に囲まれ人気者になるという妄想を膨らませる中、「あ、ガチャピンだー!」という女性の声が。BMXを乗りこなし、女性に囲まれるガチャピンの姿を見て、悔しがるムック。「人と比べるから、つらくなるんじゃないですか?」という石田の言葉に、ムックはハッとする。だが、それも束の間。ガチャピンのBMXを奪い「私だって~!」と割り込むムックに、「BIGなやきもち……」と石田がつぶやく。■ 「ムックさんのBIGな告白」インタビューCMの中でも悔しさをあらわにしたムックが、ガチャピンとの友達歴46年目にして、ついに積年の思いを明かすインタビュー動画「ムックさんのBIGな告白」もWEBで公開される。――CMご出演の感想をお聞かせください。いやいやいや、まさかね。こんなCMに出演できるとは思ってもいなかったものですから、とってもうれしかったです。――ご自身の出演シーンについては、どう思われましたか?CMでしたらね、いつもと違う自分を見せられるかなと思ったんですけど、コンテを見たら結局ガチャピンがみんなの注目を…。――今、ガチャピンに勝っていることはないんですか?よくぞ聞いてくれました。ずばり身長です!――正直、ガチャピンのことをどう思っているんですか?ガチャピンのことは、本当にすごいなと思っていますよ。でも、正直あの、たまにイベントとかで、今日だけガチャピンお休みしてくれないかなと思うことは、まぁなくはないというかなんというか。はい。――CMでは12億あったら、ガチャピンより人気者になりたいとおっしゃっていましたが…。ガチャピンは、得意なことがたくさんありますからね。私なんて、12億の資金でもないと勝負にならないというかなんと言いますか…。――ガチャピンより人気者になったら、何をしたいですか?それはもう、友達をいっぱい呼んで、おいしいものをたくさん食べながら、みんなに「キャーキャー」言われたいですぞ~。――どうしてそんなに人気者になりたいんですか?友達になってから46年経ちましたけどね、1度くらいガチャピンと同じ人気者の気分というものを味わってみたいんですよ。――ムックさんにとって、今1番の夢は?それはもう、12億を当てることです。そして、ガチャピンよりBIGになりますぞ~。

  • 山本舞香が地球の真裏の砂漠でCM撮影! 共演したフクロウの奇跡のショットも

    山本舞香が地球の真裏の砂漠でCM撮影! 共演したフクロウの奇跡のショットも

    山本舞香が、創業50周年を迎えた株式会社マリモ初の全国ネットCMに出演。日本から30時間という地球の真裏の「砂漠のオアシス」で、幻のアナホリフクロウとの共演に臨んだ。「どんなに厳しくても砂漠の先にオアシスを見つけて見せる」というマリモの挑戦する企業姿勢、フロンティアスピリットを象徴的に映像化したこのCM。マリモのこれまでの歩み、これから進んでいく世界を、先の見えない険しい砂漠に例えて、さまざまな困難を乗り越えてついにオアシスにたどり着き、それさえも通過点として、さらに先に進んでいくというストーリーになっている。そんなストーリーの中、山本の奥に潜む強さや優しさを表現。自分の道を歩むという強い覚悟を宿した真摯なまなざしや表情、不安と闘い、困難と遭遇しても砂漠でふと出合うフクロウや花などの生き物たちへ向ける優しさなどが映し出され、これまでのイメージとはまた違う彼女の新たな魅力が引き出されている。■ 知る人ぞ知るスピリチュアルなパワースポット世界中にいくつかある「砂漠のオアシス」というロケーションの中でも、日本のおおよそ真裏に位置する南半球のペルー・ワカチナで撮影を敢行。人魚伝説や、近距離に地上絵で有名なナスカがあるなど、知る人ぞ知るスピリチュアルなパワースポットとなっている。狙いの砂漠の表情を捉えるため、360度広がる広大な砂漠地帯の中からベストな撮影ポイントを入念にロケハン。ペルーでは春の乾期に当たる比較的穏やかなシーズンでのロケだったが、それでも最高気温30度弱、最低気温10度弱という目まぐるしく変わる気温差が体力的にも過酷な撮影となった。また、一度砂漠に足跡が付くと一昼夜は消えないため、カメラアングル内に足跡が付かないようにスタッフも非常に気をつかいながら、慎重に撮影が行われた。ドローンを駆使し、果てしなく広がる砂漠の世界の過酷ながらも雄大な映像美を楽しむことができる。■ 砂漠の砂塵にもめげず、何度も粘り強くリテーク今回のCMでは、山本の一つ一つの表情が重要なメッセージになっており、彼女自身も気持ちを作るのにしっかり時間をかけて臨んでいた。だが、砂漠では「風」が大きなポイントで、目も開けられないような砂塵が舞うことも多く、そのたびに撮影を中断して「風待ち」することも。山本は砂が舞うたびにリテークがあっても粘り強く何度も、監督の要求する表情にトライ。唯一の“共演者”であるアナホリフクロウの撮影では、何度もリテークを重ねたが、奇跡ともいえる「ウインク」ショットが押さえられた時には、山本もスタッフと一緒に歓声を上げて喜んでいた。また、撮影現場に向け砂漠を移動する「バギー」は、悪路を進んだり、砂丘を一気に駆け下りたり、まるでジェットコースターのようなエキサイティングさ。山本、スタッフが思わず声を上げて楽しむ一面も。天候や気温そして風。砂漠ロケはスタッフにとっても過酷な現場に。気温の下がる夜のシーンでも山本の衣装は軽装だったが、決して疲れを見せず、砂漠を転げ落ちるシーンでは予想を上回る大胆なアクションを披露。演技に向き合うプロ意識を見せた。CMは11月1日(金)より全国オンエア開始。

  • <Koki,>カッコよすぎるモヒカン姿初披露! 完璧な表情とポージングで“一発OK”を連発

    <Koki,>カッコよすぎるモヒカン姿初披露! 完璧な表情とポージングで“一発OK”を連発

    世界で活躍するモデルのKoki,が、UHA味覚糖株式会社「e-maのど飴」のCMキャラクターに決定。出演する新TV-CM「e-maのど飴『2人のKoki,』篇」(15秒)が、11月2日(土)より全国で放映開始することが分かった。Koki,は、2003年2月5日生まれの16歳。2018年5月28日に発売された「エル・ジャポン」7月号でモデル・表紙デビューを果たすと、同年8月には世界最年少かつ日本人初となる「ブルガリ」のアンバサダーに、9月には「シャネル」ビューティーアンバサダーに就任。モデルとしてだけでなく、幼少期から音楽に精通しており、7歳から作曲も始めて楽曲提供もするほどの才能の持ち主だ。今回出演が決まったCMでは「なめてもいい。噛み砕いてもいい」 をコンセプトに、前衛的なアートギャラリー空間の中、「なめる」を象徴した衣装をまとった柔らかい雰囲気のKoki,と、「噛み砕く」を象徴した衣装をまとったクールな雰囲気のKoki,が登場。商品の特徴である「なめる/噛み砕く」の対比をアーティスティックかつファッショナブルに表現している。16歳のあどけないかわいらしさと、世界を股にかけてモデルとして活躍するクールさ、Koki,が併せ持つその両面が表情やポーズの変化で感じられるCMに仕上がった。さらに同CMで、Koki,はカッコよ過ぎるモヒカン姿も初披露している。■ Koki,が彫刻のような曲線美を披露!CM撮影では、e-maのど飴を持ち難度の高いポーズで長時間静止しなければいけなかったKoki,。それでも、監督からの手や体の位置の細かな調整やポージング指示にも的確に応え、彫刻のような曲線美を披露した。9月初旬のまだ暑さが残る時期に、重たい衣装をまとう過酷な撮影だったものの、暑さやつらさなどはみじんも感じさせず、終始撮影中は真剣に、撮影の合間には笑顔の絶えない姿を見せていたという。また、周りのスタッフへのあいさつや気遣いを欠かさず、Koki,のあふれる笑顔で現場は温かい雰囲気に包まれた。そしてポスタービジュアル用のスチール撮影では、カメラマンが驚くほどの完璧な表情とポージングを見せ、一発OKを連発し、完成度の高さを見せた。

  • 広瀬アリス、鈴木仁と胸キュンストーリーで共演「ヤキモチは焼く!恥ずかしいから言いたくないけど…」

    広瀬アリス、鈴木仁と胸キュンストーリーで共演「ヤキモチは焼く!恥ずかしいから言いたくないけど…」

    広瀬アリスが出演する「ROPE PICNIC(ロペピクニック)」のWEB動画「かわいいにまっすぐ。ロペピクニック×タッチ」が、10月25日(金)より公開。また、撮影現場の様子を収めたメイキングと、広瀬のインタビュー動画も併せて公開される。WEB動画では、広瀬が、あだち充原作の「タッチ」に登場する“南ちゃん”の姿に勇気づけられる1人の女性を演じる。さらに、広瀬演じる女性の相手役は、俳優でモデルとして活躍する鈴木仁が務める。■ STORY…「タッチ」の名シーンに注目!彼(鈴木)との関係がうまくいかずに無気力になっている女性(広瀬)が、家でふと手に取った「タッチ」。物語を読み進めるうちに、女性は、弱い自分を受け入れながらまっすぐに生きる南ちゃんの姿に心を動かされ、少しずつ前向きになっていく、といったストーリーとなっている。広瀬の繊細な演技と、動画中に登場する「タッチ」の原作の名シーンが見どころだ。■ 広瀬アリスコメント――南ちゃんのまっすぐな姿に勇気をもらう女の子を演じてみて、いかがでしたか?南ちゃんのイメージはかわいくて明るくて、本当に無敵な女の子だと思っています。その憧れている気持ちを純粋にしっかり出せたらいいかなと思いながらお芝居しました。等身大の女の子をしっかり演じたいなと思っていたので、あまりクセつけたりっていうよりかは自然体でその空間の中でしっかり生きたい、と思って演じました。――「かわいいに、まっすぐ」というメッセージが登場しますが、どのような女性を「かわいいに、まっすぐ」だと感じますか?いっぱい笑っていっぱい泣いて、そういう方がいいなって思います。(身近に)いますね。みんないっぱい笑う時もあればすごく泣く時もあって、でもそれがすごくまっすぐで。だからその友達のことが大好きだったりするんですけど。純粋なところがあるのは素敵ですね。――セリフにも登場する「ズルい」人は、どのような人だと思いますか?男女関係なく、年齢も関係なく、かわいいって思わせてくれる方って「ズルいな」って思うし、うらやましいなって思います。母親と同じ世代の方でも、お話していて、すごくかわいい!って思うことがあって。もちろん外見も綺麗な方なんですけど、お話していて言葉の選び方だったりとか、「自分もこういう大人になりたいな」とか、そういう風に思います。――南ちゃんのようにヤキモチをやくことはありますか?全然やきます、やきます! 恥ずかしいからあんまり言いたくないですけど(笑)。どういう時なんですかね...。独占欲っていうか、好きだからやくんじゃないですかね。あははは(笑)。――理想の告白のシチュエーション?言葉はなんでも。直接会って言ってくれたらどこでもいいかな。――憧れの女性像はありますか?表参道を、トレンチコート着て、髪の毛ストレートでサラサラで、颯爽と歩く女性。憧れます(笑)。カッコイイなって思いますね。――ロペピクニックのお洋服を着てみていかがでしたか?いろんな衣装を着ることが多いんですけど、(ロペピクニックの洋服は)すごく着心地が良くって柔らかいですし、肌にチクチクしちゃったりとか気にするので、そういうのがまったくないなって思って。とても着やすいです。――最後に、皆さんへ一言お願いします。ロペピクニックには本当にいろんなお洋服があって、お家で着れるものだったり、もちろん外出する時に着れるものもいろんな種類のお洋服があるので、たくさんの女性の方に楽しんでいただけるブランドだと思います。皆さんぜひ、よろしくお願いします!

PICK UP!MOVIE

  • ニベア花王 ニベアフェイスウォッシュ ミルキークリア洗顔料 私はミルク派篇

    ニベア花王 ニベアフェイスウォッシュ ミルキークリア洗顔料 私はミルク派篇 30秒CM 新木優子(10/23公開)

  • Nintendo Switch『牧場物語 再会のミネラルタウン』TVCM クイズ篇

    Nintendo Switch『牧場物語 再会のミネラルタウン』ミネラルタウンでほのぼの牧場生活はじめよう。(10/22公開)

話題のCMの“気になるっ!!”を調査する「週刊ザテレビジョン」(毎週水曜日発売)の人気連載「発見!あたらC~M!」。週刊ザテレビジョンが注目した今週のCMはコチラ!(こちらのコーナーでは女性出演CMに限らず紹介します♪)

年末ジャンボCMに
新メンバー・西野七瀬が加わる

笑福亭鶴瓶と佐藤健が出演する、「年末ジャンボ宝くじ」「年末ジャンボミニ」の新CMが放送中。今作ではおなじみのコンビに、西野七瀬が加わる。鶴瓶がトークショーで、「令和元年、いろんなことがありました」と話していると、背後からアシスタントの西野が登場。西野が年末ジャンボ宝くじのくじ券で作られた「令和」の額縁を掲げると、鶴瓶が「買わないという選択肢はないやろう!」と決めぜりふを披露する。続けて西野が「ないやろう!」と言い放つと、開いた暗幕の奥から合唱団が登場し、歌いだす。

       
          

有村架純&浜辺美波“姉妹”が
旅行前に大慌て!

有村架純と浜辺美波が出演する、生活障害共済「働くわたしのささエール」の新CM「保障点検」篇が放送中。同CMは、おそろいのTシャツ姿の2人が、旅行の準備をしている場面から始まる。カメラやサングラス、水着など旅行に持って行くものを指さし確認し、順調に準備を進めていた姉妹だが、浜辺が「宿の予約!」と言うと、有村はキョトン。宿の予約を忘れていたことに気付いた2人は、お互いに顔を見合わせて慌てふためく。有村と浜辺の、本物の姉妹のようなやりとりがほほ笑ましいCMになっている。

ケイン・コスギが
“謎肉”になりきる!

ケイン・コスギが出演する「カップヌードル」の新CM「謎肉増量」篇が放送中。商品のリニューアルに合わせて制作された同CMでは、ケインがサイコロ状のミンチ肉、通称・謎肉が増量されたことを自ら謎肉に扮ふんしてアピール。かぶり物と赤のタンクトップ姿のケインたちが、跳び箱を跳んだり、ボディービルのポーズを披露したりとシュールな内容になっている。さらに、バックでは「ナゾニク ゾウリョウ パーフェクトボディ」など、ケインの決めゼリフが流れ、どこかクセになる世界観を作り出している。

       
          

Kōki,が2人に!
クールなモヒカン姿も披露

Kōki,が出演する「e-maのど飴」の新CM「2人のKōki,」篇が放送中。アーティスティックな空間が舞台の本CMでは、異なる衣装に身を包んだ2人のKōki,が登場する。「なめてもいい。噛み砕いてもいい。」 という商品のコンセプトを表現する2つの衣装は、片方が「なめる」を象徴した柔らかく、フェミニンな雰囲気。もう片方は「噛み砕く」を象徴したトゲトゲとしたシルエットと、モヒカンにした髪形が特徴だ。2人が取るポーズもそれぞれ対照的で、彼女の持つかわいらしさとクールさの両面を見せている。


INFORMATION


CM GIRL CLIPS

●NEWS/美女&美少女CMをピックアップ
●MOVIE/ネットCM含む美女CM動画紹介
●発見!あたらC~M!/TTV連載連動
●INFORMATION/CM特集について