閉じる

ロバート秋山の人気企画がザテレビジョンに!特集:クリエイターズ・ファイル

秋山竜次(ロバート)がさまざまなクリエイターに扮する人気企画が月刊ザテレビジョンに移籍! 2015年の企画開始以来、60人以上のクリエイターを紹介してきた「クリエイターズ・ファイル」の最新インタビューやグッズ情報などを掲載!

©️クリエイターズ・ファイル

Creator's File

#95 辛辣コメントクリエイティブ集団代表・IPPO(48歳)

ハッピーなニュースだけじゃ
満足できないんすよ、人間て

ハッピーなネットニュースに必ずつく“辛辣な意見”を、あえて書き込む集団がいる――。そんな噂を聞きつけた取材班は、とある「辛辣コメントクリエイティブ集団」への接触に成功。彼らが活動する地下のアジトで、代表を務めるIPPO氏のインタビューに成功した。
→インタビューはこちら

#94 「けんぺいじいちゃんのパテ」職人・米森健平(91歳)

腹減ったらようけ食べるには
やっぱパテなんよ

人里離れた山奥の古民家に、“幻の逸品”を求めて多くの人が足を運ぶ。名物を作るのは、御年91歳の「けんぺいじいちゃん」こと米森健平さん。入手困難な「けんぺいじいちゃんのパテ」作りの裏側と、けんぺいじいちゃんの日常に密着した。
→インタビューはこちら

#93 9人大家族のボランチお母さん・熊手もと子(47歳)

キラキラネームじゃなくって
ウチはクリクリネームですから(笑)

奈観根島に暮らす9人大家族、熊手さん一家。1年間にもわたる密着取材の集大成は、一家を支える母・熊手もと子さんが明かすユニークでクリエイティブな子育て論だ。
→インタビューはこちら

#92 東洋の歌姫・フェアリー・キー

ハイ、アイム フェアリー・キー。
ヒーシャイ キーシャイ ヒーシー

6000年に一人のアジアスターであるペリー・キーの妹にして、東洋の歌姫(カナリア)とも謳われるフェアリー・キー。その貴重な単独インタビューが、画像加工アプリの使用を条件に実現した。神秘のベールに包まれた彼女の素顔とは?
→インタビューはこちら

#91 プロの取り巻き・白木善次郎

歌姫の存在を大きく見せるのは
案外大切なことなんだよ

日本初、歌姫専門のプロの取り巻き集団「株式会社TORIMAKIサービス」で代表取締役を務める白木善次郎に密着。国内外の歌姫から熱いラブコールを受ける白木の“取り巻き哲学”とは?
→インタビューはこちら

#90 総合格闘家・玄白

総合でしょ?だったら全部
やるべきなんじゃないの?

新進気鋭の総合格闘家・玄白が挑むのは、従来の総合格闘技の枠に縛られず、一人の格闘家がほぼ全ての企画運営を行うという“真の総合格闘技”。“総合”という名に妥協を許さない、そのファイティングスタイルが初めて語られる!
→インタビューはこちら

#89 新種の微生物・ヤマトゴンズラ

ぽっちゃりとした愛くるしいフォルムで
研究者たちを魅了しています

2022年10月上旬に東京・代官山界隈で発見された新種の微生物・ヤマトゴンズラ。その独特でお洒落な存在感に、クリエイターたちが魅了されていると話題だ。発見者の所属する研究所HBGK(ハブグック)を訪れた。
→インタビューはこちら

#88 サスペンスドラマの女帝・鳴竹あつこ(54歳)

鳴竹あつこのときもあるし、
気づくと植草みどりのときもある

ドラマの女帝”の異名を持つ女優・鳴竹あつこ。大人気サスペンスドラマシリーズ「権藤文子サスペンス~潜入捜査刑事植草みどりシリーズ~」20周年記念DVDボックスの発売を控える国民的女優に密着取材を行い、長寿ドラマシリーズとそれを支える国民的女優の人気の秘密に迫る。
→インタビューはこちら

#87 鳥取市立桜ヶ丘中学校 第40代応援部部長・ぼっちん君(15歳)

どうしても応援したい…
小さな応援団の最後の夏

鳥取市で出会った、部員たった4人の小さな応援団――その部長を務めているのが“ぼっちん君”と慕われる久保地弘馬くんだ。純粋で一生懸命、ひたむきな応援で人々の心を動かす彼の“最後の夏”を追った。
→インタビューはこちら

#86 みやこダンスクラブ代表・杉尾モナハ美也子(54歳)

風が運んでくれた匂いを感じて踊る
オリジナルのネイチャーアロマダンス

みやこダンスクラブ代表にしてネイチャーアロマダンス1級保持者、ニオイ・モワーン・ダンス選手権大会の優勝経験もあるフリーダンサーの杉尾モナハ美也子。2人の子どもを女手一つで育て上げたシングルマザーでもある彼女の、バイタリティの秘密は?
→インタビューはこちら

#85 徳島を拠点とする人気タレント・津村屋コウジ(53歳)

くじ引きで全てが決まる旅コーナー
斬新なオリジナル番組の裏側

徳島ローカルテレビ「デタラメっ弁当」でおなじみの“つむさん”こと津村屋コウジ。自身が企画を手掛けた大人気コーナー「くじ引きトラベる」は、共演者やディレクターとの軽妙な掛け合いも人気の秘訣だ。
→インタビューはこちら

#84 史上もっとも肥えたミイラ・ロイペル12世

本邦初公開!最新科学調査で
大肥満王の謎が明らかに

約4200年前に栄華を極めたキナペリア王朝で絶対的権力を誇ったと言われるロイペル12世とその一族のミイラが、「キナペリア王朝 大ミイラ展」でお披露目。BC2300年頃の王族の食生活とは…
→インタビューはこちら

#83 27グループを掛け持ちするパフォーマー・KEN-NIN(年齢非公表)

この量のグループの予定を
調整するのは至難の業です

次々と話題のダンス&ボーカルユニットを輩出するP・G・Gことフェニックスガンマングループで、絶対に欠かせない男、KEN-NINこと桑田兼任(年齢非公表)。27グループを掛け持ちする彼を突き動かすものとは?
→インタビューはこちら

#82 『spa~tongue』総料理長・白刀康夫(50歳)

毎日の食事で駆使した舌やのに
ねぎらってあげないかんやろ

日本で唯一の七つ星ホテル「カンペリーザホテル」のメインレストラン『spa~tongue(スパタン)』。その総料理長・白刀康夫が作り出す個性的な創作料理が注目を集めている。格式高い一流レストランのビュッフェとはどういうものなのか。そこには白刀の情熱があふれていた。
→インタビューはこちら

#81 昭和の名力士・彩千丹(1935~1991年)

常に新しいことに挑戦する。
それが無認可力士としての務め

昭和を代表する名力士、彩千丹史明。土俵の外でもまさに時代の最先端をいき、現在にもつながる異端児の功績を、協日新聞社提供の写真を基にひもといていく。
→インタビューはこちら

#80 JFEスチール広報(西日本製鉄所倉敷地区)・古田恵久穂(23歳)

みんなにもっと鉄のこと、
知ってもらいたいです!

日本を支える「鉄」を作るJFEスチールで働く若手社員、古田恵久穂さんのお仕事に密着。子どもの頃から力強いものに惹かれていたという古田さんが奮闘中の、広報ってどんな仕事?
→インタビューはこちら

#79 ナイトプレイス「ドイド」伝説のママ・矢崎すず子(85歳)

ここに来ればみんなおんなじ
著名人でも釣り名人でも扱いは一緒

文豪や芸能人、政治家などが通い、50年以上愛され続けるナイトプレイス「ドイド」。すず子ママは85歳にして今もなお毎日お店に立ち続ける。数々の著名人を虜にした伝説のママにお話を伺った。
→インタビューはこちら

#78 ジャングルコンダクター ヒロ・ハスダ(50歳)

離島ルンダスに魅せられて24年――
この森でしか味わえない絶品グルメとは

西太平洋に浮かぶ離島ルンダス――豊かな自然があふれるこの島に移住し、森林ガイドを営むヒロ・ハスダ氏。彼がルンダスに魅せられた理由とは? そして、この森でしか食べることのできない貴重な絶品グルメとは。
→インタビューはこちら

#77 “フィルム界の怪人”ドナルド・C・ダンパー(61歳)

32年間、撮影用バギーから降りず撮影を続ける
鬼才のハリウッド映画監督

オールスター総出演の『SHINNICHIKA ブラックタイガーの逆襲』が世界的大ヒット中のハリウッド映画監督、ドナルド・C・ダンパー氏。国境の町ノースバレーで新作映画の撮影中のダンパー氏に、特別に取材をすることを許された。
→インタビューはこちら

#76 ミュージカル界のドローン “宙吊り王子”霧島天介(34歳)

女性ファンを魅了してやまない
カリスマミュージカル俳優

ことしで10年目となる人気ミュージカル「ビートジャーキー」で、宙に舞い続け、その度に客席を埋め尽くす女性ファンから歓声が湧き上がる。“宙吊り王子(プリンス)”と呼ばれる霧島天介は、コロナ禍のことしはどのようなミュージカルを披露するのだろうか――
→インタビューはこちら

#75 野良サウナ愛好家・サウナ田ヒロユキ(45歳)

新しいサウナを開拓し続ける
サウナ界の反逆児

サウナブームが続く中、“稀代のサウナパンク”とも言われ、全てのサウナ好きたちに一目置かれるサウナ田ヒロユキ氏(本名非公開)。専門マガジン「テロサウナ」ディレクターや「ブラウンマングース」ギターという活動のほか、サウナの伝道師として、新しいサウナを開拓し続けるサウナ田氏が語る「野良サウナ」とは――
→インタビューはこちら

#74 トップアスリートを育てた母・柿本千佐子さん(48歳)

独自の子育て論も注目
一流選手を献身的に支える母の信念

トップアスリート・柿本俊雅(しゅんが)の母として、独自の子育て論も大きな注目を集めている柿本千佐子さん。いかにして柿本俊雅を一流選手に育て上げたのか。それから過酷なトップアスリートを支え続けるアスリートの母としての日常とはどんなものなのか。代表選出に至るまでの「柿本家決死の100日間」に密着した。
→インタビューはこちら

#73 伝説のホテルマン/エグゼクティブ・コンシェルジュ 折尾豊(53歳)

お客様のどんな要望にもNOとは言わない
究極のホスピタリティー

日本唯一の七つ星ホテル「カンペリーザホテル」で、お客様のどんな要望にもNOとは言わない“伝説のホテルマン”と呼ばれるエグゼクティブ・コンシェルジュ、折尾豊氏(53歳)。いつでも冷静沈着で誠実な対応を目当てに、国内外から宿泊の予約が後を絶たないと言われる折尾氏と、「カンペリーザホテル」の接客とはどんなものなのか。世界で初めて折尾氏の取材を許された取材班が彼の仕事ぶりを追い掛けた。
→インタビューはこちら

#72 グランデ歌手 世界三大ボイス ジョルナン・ラマ(70歳)

五感を一瞬でつかむ
唯一無二の歌声を持ち主

ジャック・ラザー、イーサン・ゴードンと共に世界三大ボイスとして名をはせるジョルナン・ラマ。コンサートは毎回大変な熱狂に包まれ、その姿はまさに“グランデ(偉大な)”歌手。2006年を最後に日本での開催が遠ざかっていた単独公演だが、今回15年ぶりに日本開催が決定し、公演チケットが発売開始と同時に売り切れたほどの人気ぶりだ。日本でのコンサートを終えたばかりのラマ氏に話を聞いた。
→インタビューはこちら

#71 元祖クイズキング/クイズコンサルタント・鶴岡政栄(51歳)

90年代クイズ番組を席巻した
先読みの貴公子

1990年代に一世を風靡したクイズ番組「ザ・クイズ・ジャパンカップ」で計6度のクイズキングに輝いた鶴岡政栄。圧倒的な先読みで3連覇を果たした伝説のクイズ王は、30年たった今、何をしているのだろうか?
→インタビューはこちら

#70 二度寝のプリンセス・スヌーズ姫

テーマパークの人気を支える
美しさを誇るキャラクター

ことしオープン13周年アニバーサリーを迎えるテーマパーク「KOUSHIN-ETSU ファニーワールド」。テーマパークを支えるキャラクターは『二度寝のプリンセス・スヌーズ姫』のスヌーズだ。その人気と魅力を、自称ファニーワールドマニアで、スヌーズに会うために週2で『ファニーワールド』に来ている現役女子高校生カエデちゃん、ミルちゃん、ハナちゃんに紹介してもらった。
→インタビューはこちら

#69 レンタルなんもしないクリエイター ナグモ・トモ氏(39歳)

リモート会議の切り札
ビジネスの最前線で活躍するクリエイター

「コンペの勝率を大きく左右する」と話題になり、ビジネスマンから引く手あまただという“レンタルなんもしないクリエイター”ナグモ・トモ氏。ビジネスを成功に導く、独特のクリエイティビティーの秘密に迫った。
→インタビューはこちら

#68 Netflixオリジナルシリーズ「クリエイターズ・ファイル GOLD」制作発表会見

全統括チェアマンの岡添金太郎から
重大発表とは─

これまでに70人を超える世界的クリエイターを紹介してきたクリエイターズ・ファイル。全統括チェアマンのオカキンこと、岡添金太郎が、クリエイターズ・ファイルに関するある発表を行った。その詳細とは――
→インタビューはこちら

#67 “世界一クリエイティブな大型犬”ハンプシャー・クリエイティブ・グランドホーマン ロルフくん(6歳)

かんたんな足し算や引き算はできる
賢い大型犬のロルフくん(6歳)

世界一クリエイティブな犬種といわれる大型犬、ハンプシャー・クリエイティブ・グランドホーマンのロルフくんと、飼い主の名取さんご夫婦。高い知能とクリエイティビティを備えた犬と過ごすスローライフについてお話をうかがった。
→インタビューはこちら

#66 伝説の女子プロレスラー・フロタイル土居

史上最凶の女子プロレスラーとして
大きな人気を博しリングに君臨

女子プロレス全盛時代の1980~90年代にかけて、昭和風の白と黒の風呂タイル柄のメイクで、数々の残虐ファイトを繰り広げ、ヒールながら大きな人気を博したフロタイル土居(山久雛子・53歳)。久々にカメラの前に現れた彼女は“美魔女”ともいうべき美しい姿に変貌を遂げていた。我々クリエイターズ・ファイル取材班は、現役時代の過酷な死闘の模様と知られざる苦悩の日々に迫った。
→インタビューはこちら

#65 大人気の動画くりえいたぁ♡タネちゃん(8歳)&ライくん(6歳)

天真爛漫(らんまん)さ&“姉弟萌え”が人気の
キッズ動画クリエイター

世代や国境を超えて大きな支持を集めている動画チャンネル〈タネライチャンネル〉。チャンネルに出演するのは、大人気のキッズ動画くりえいたぁ♡として話題を呼ぶ8歳の女の子・タネちゃんと、6歳の弟・ライくん(橋村種&雷電)。2人の魅力と秘密を探るべく、ある一日の撮影に密着した。
→インタビューはこちら

#64 繁華街ウォッチャー/ブルースバンド「南口ブルース横丁」Vocal&愚痴担当 つるたく斗

人々のパワーが集まる
夜の繁華街を見続ける

繁華街のリアルな日常を追い続けるつるたく斗氏。繁華街ウォッチャーとして、街で出会った人間たちの人生を切り取った写真集についても話を聞いた。
→インタビューはこちら

#63 ストリート・ペイントマン HACCHO(ハッチョウ)

自由奔放な感性で生み出される
人々を魅了するアート

住宅や店舗の壁、建物、乗り物などストリート全体をキャンバスとして、自由奔放なイマジネーションを描き出し、NYをはじめ、世界的にも人気を集めているペイント・アーティスト、HACCHO。彼の創作現場に密着し、飾らない人柄から生み出されるアートに込めた思いをひもといた。
→インタビューはこちら

#62 ベストセラー作家・阿久津しのぶ

ベストセラー作家の日常と
創作の秘訣(ひけつ)

1999年から開始したエッセイ「男の余裕」シリーズが累計150万部を突破している作家・阿久津しのぶ氏。これからの生き方を指し示すような独自の言葉の数々はどのようにして生まれているのか。執筆のために訪れるという別荘で話を聞いた。
→インタビューはこちら

特別編 YOKO FUCHIGAMI特別独占インタビュー

世界的ファッションデザイナーが考える
生活に根ざしたデザインとは?

今回も特別編として、パリやバリでファッションショーを開催し、トレンドセッターであり続けている世界的ファッションデザイナーのYOKO FUCHIGAMI氏に、“困難な状況”におけるデザインについてリモートインタビューを敢行した。
→インタビューはこちら

特別編 クリエイティブ・ベスト3

よりすぐりのクリエイターを
部門別にベスト3で発表

今回は特別編として、クリエイターズ・ファイルに出演したクリエイター全てを管理運営するオカキンこと、岡添金太郎が、クリエイターズ・ファイルの歴史の中からよりすぐりのクリエイターを紹介。その中で部門別のベスト3を選定しました。
→インタビューはこちら

#61 アジアの巨像 遠近教の総本尊 極東大満天

年間300万もの人々が訪れる
柔和で複雑な表情の巨大像

年間300万もの人々が訪れるという極東大満天像。ビル8階分に相当する高さという巨大像を五十年にわたり清掃を続ける野村光一さんに話を伺う。※発売中の月刊ザテレビジョン2020年6月号では、極東大満天像の足の裏のQRコードのような模様をスキャンすると待ち受けがもらえる特典が!
→インタビューはこちら

#60 カリスマ双子インフルエンサー カマタマちゃん

ティーン女子に絶大な人気を誇る
カリスマ双子が注目するカルチャーは?

個性あふれるファッションと流行を生み出す感性で多くの若者を惹きつけているカリスマ双子インフルエンサーのカマタマちゃんの一日に密着。ティーンの女の子たちから絶大な支持を受ける2人の秘密に迫る
→インタビューはこちら

#59 矢延城 戦国まごころ武将隊

独自の活動で町おこしに貢献する
戦国武将ユニット

独自の活動で矢延町の町おこしに大きく貢献する「矢延城 戦国まごころ武将隊」。実は町役場の職員さんという彼ら。メディアでも取り上げられ、歴史好きや子供のみならず、女性からも絶大な人気を得ている秘密に迫る
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル

#58 美食家 渡辺善吉

まだ見ぬ美食を求め
日々世界を飛び回る

“ナベゼン”の愛称で親しまれる彼は、最近では、ターべネーター渡辺として、お茶の間に登場することも多い。まだ見ぬ美食を求め、日々世界を飛び回り、年間のべ3200軒の店を訪れるという、一週間の密着取材を通して、その常人離れした食生活に迫った。
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル
       

#50 パリコレNo.1モデル ダルタニアン

フランスが誇るスタイルの神
パリコレNo.1モデル

ショーの舞台を颯爽と歩く、アルセーヌ・ダルタニアン。強烈な存在感。他とは比べものにならないオーラ。そして、何と言っても、全世界の一流モデルが憧れるスタイルだ。すらりと伸びた脚、細くて長い腕、シャープな首。引き締まったウエスト。人を惹きつける小顔。どこを取ってもナンバーワンモデルといえるはずだ。
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル
      

#42 パーソナルヒップトレーナー MICO

予約3年待ち
LA発 美尻のカリスマ

クリエイターの素顔を追いかけるドキュメンタリーシリーズに、ファッションモデルたちの駆け込み寺であり、“シリエイター”とも呼ばれるボディメイクのカリスマ・MICOが登場。 彼女の忙しくも美しい日々に密着する!
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル

#34 清純派女優 藤原采

透明すぎて目視できない。
17歳。

第28回日本クリスタルガールグランプリに輝き、「透明すぎて目視できない。17歳」と称される女優、藤原采。彼女が評価される理由は、やはり透明感だ。『浜辺の鳥』撮影中にも何度も彼女を見失ってしまった。透明すぎて、上天草の風や太陽、さらには海、山、すべてと同化してしまうのだ。
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル
       

#20 子役/児童劇団えんきんほう 所属 上杉みち

天才の名をほしいままにした
カリスマ子役俳優

今期のドラマ「ライオンのキャラメル」で主役を務め、「天才子役、現る」と話題を振りまいたカリスマ子役俳優・上杉みち。彼は基本的に見る側やカメラ、対象物との間に一定の距離をあけたときにすばらしい力を発揮する。そんなまだまだ小さな6歳の素顔はどんなものなのか。
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル

#6 トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMI

世界のトップデザイナーが語る
服と人間の関係性とは

世界に羽ばたくトップクリエイターに聞くインタビューシリーズに、すべてのファッション界の先端を泳ぎ続けるYoko Fuchigami (フチガミヨウコ・59歳)が登場。プライベート・スタジオで答えていただいた、カリスマ性にあふれる彼女の貴重な生の証言をここに。
→インタビューはこちら

©️クリエイターズ・ファイル

NEWS

  • 母のかたき・玉置玲央“道兼”とついに対峙することになった吉高由里子“まひろ” 道兼の前で母の形見の琵琶を演奏することに<光る君へ>

    母のかたき・玉置玲央“道兼”とついに対峙することになった吉高由里子“まひろ” 道兼の前で母の形見の琵琶を演奏することに<光る君へ>

    吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第8回「招かれざる者」が2月25日(日)に放送される。 ■大河ドラマ「光る君へ」とは… 大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。 また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務める。…

  • 阿部サダヲ“市郎”を取り囲む人々との関係性が徐々に明らかに<不適切にもほどがある!>

    阿部サダヲ“市郎”を取り囲む人々との関係性が徐々に明らかに<不適切にもほどがある!>

    阿部サダヲ主演の金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第4話「既読スルーしちゃダメですか?」が2月16日に放送された。同作は、昭和のおじさんがコンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく、完全オリジナルの意識低い系タイムスリップコメディー。第4話、1986年(昭和)と2024年(令和)で市郎(阿部サダヲ)と関わりのある人たちの関係性が明らかになり始める。(以下、ネタバレを含みます) ■宮藤官九郎の脚本によるオリジナル・コメディー作品 脚本は宮藤官九郎が務め、プロデューサーは磯山晶氏が担当。「池袋ウエストゲートパーク」(20…

  • 柄本佑“道長”の打きゅうでの活躍ぶりに胸をときめかせる吉高由里子“まひろ” さらに町田啓太“公任”の“サービスショット”も<光る君へ>

    柄本佑“道長”の打きゅうでの活躍ぶりに胸をときめかせる吉高由里子“まひろ” さらに町田啓太“公任”の“サービスショット”も<光る君へ>

    吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第7回「おかしきことこそ」が2月18日(日)に放送される。 ■大河ドラマ「光る君へ」とは… 大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。 また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務め…

  • 阿部サダヲ“市郎”、ハラスメントのガイドラインを熱唱「娘が悲しむことはしない」<不適切にもほどがある!>

    阿部サダヲ“市郎”、ハラスメントのガイドラインを熱唱「娘が悲しむことはしない」<不適切にもほどがある!>

    阿部サダヲ主演の金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第3話「可愛いって言っちゃダメですか?」が2月9日に放送された。同作は、昭和のおじさんがコンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるきっかけを与えていく、完全オリジナルの意識低い系タイムスリップコメディー。第3話、1986年(昭和)では娘・純子(河合優実)がバラエティーに出演し、2024年(令和)では渚(仲里依紗)が番組のスキャンダルに巻き込まれる。(以下、ネタバレを含みます) ■宮藤官九郎の脚本によるオリジナル・コメディー作品 脚本は宮藤官九郎が務め、プロデューサーは磯山晶氏が担当。「池…

  • いよいよファーストサマーウイカ“ききょう(清少納言)”が登場 早速吉高由里子“まひろ”に対抗心を燃やす<光る君へ>

    いよいよファーストサマーウイカ“ききょう(清少納言)”が登場 早速吉高由里子“まひろ”に対抗心を燃やす<光る君へ>

    吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第6回「二人の才女」が2月11日(日)に放送される。 ■大河ドラマ「光る君へ」とは… 大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。 また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務める。 …

  • ついにお互いの素性を知った吉高由里子“まひろ”と柄本佑“道長” 二人は毎熊克哉“直秀”の導きでようやく再会する<光る君へ>

    ついにお互いの素性を知った吉高由里子“まひろ”と柄本佑“道長” 二人は毎熊克哉“直秀”の導きでようやく再会する<光る君へ>

    吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第5回「告白」が2月4日(日)に放送される。 ■大河ドラマ「光る君へ」とは… 大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。 また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務める。 ■これ…

  • 秋山竜次&山本博がドラマ「不適切にもほどがある!」にゲスト出演 秋山は昭和の、山本は令和のテレビMCに

    秋山竜次&山本博がドラマ「不適切にもほどがある!」にゲスト出演 秋山は昭和の、山本は令和のテレビMCに

    阿部サダヲ主演の金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第3話(2月9日[金]放送)にロバートの秋山竜次と山本博がゲスト出演することが発表された。 ■ドラマ「不適切にもほどがある!」とは 同作は、現代へタイムスリップした昭和のおじさん・小川市郎(阿部)が、令和では“不適切”なコンプライアンス度外視の発言で、コンプラで縛られた令和の人々に考えるキッカケを与えていく意識低い系タイムスリップコメディー。 また、妻を亡くした市郎とその一人娘、そしてタイムスリップしたことで出会う人々との絆を描く、ヒューマンコメディーの要素も持つ宮藤官九郎脚本の完全オリ…

  • さまざまな陰謀が渦巻く中、本郷奏多“花山天皇”が即位 吉高由里子“まひろ”は五節の舞の場で衝撃の真実を知る<光る君へ>

    さまざまな陰謀が渦巻く中、本郷奏多“花山天皇”が即位 吉高由里子“まひろ”は五節の舞の場で衝撃の真実を知る<光る君へ>

    吉高由里子が主演を務める大河ドラマ「光る君へ」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第4回「五節の舞姫」が1月28日(日)に放送される。 ■大河ドラマ「光る君へ」とは… 大石静が脚本を務める同ドラマは、平安時代を舞台に、のちに世界最古の女性文学といわれる「源氏物語」を生み出した紫式部の人生を描く物語。主人公・紫式部(まひろ)を吉高、紫式部の生涯のソウルメイト・藤原道長を柄本佑が演じる。 また、道長の嫡妻・源倫子役で黒木華、まひろの夫・藤原宣孝役で佐々木蔵之介、まひろの父・藤原為時役で岸谷五朗、道長の父・藤原兼家役で段田安則らが出演。語りを伊東敏恵アナウンサーが務める。 …

MOVIE

YOKO FUCHIGAMIからの重大なお知らせ

「クリエイターズ・ファイル」のザテレビジョン移籍にトータル・ファッション・アドバイザーのYOKO FUCHIGAMIがコメントを発表

      

Creator's File
Official Store

クリエイターたちのグッズも
多数販売中!

● 連載をまとめた単行本「クリエイターズ・ファイル」(ヨシモトブックス)はVol.1〜3が好評発売中
● (左)YOKO FUCHIGAMI田舎のヤンキースウェット 6,600円(税込み)
● (右)ダルタニアンNo.1スタイルハイネックニット 8,800円(税込み)

officialstore