閉じる

坂本昌行「視聴者の皆さんが耐えられるなら!」小田井涼平と相性ぴったりな2人旅<小田井涼平のあい旅>

2024/04/25 12:00

相性バッチリの坂本昌行×小田井涼平の山梨温泉旅
相性バッチリの坂本昌行×小田井涼平の山梨温泉旅※提供画像

小田井涼平がMCを務める「小田井涼平のあい旅」(毎週木曜夜8:00-9:00、BSJapanext<263ch>)。4月18日の放送回では、ゲストに20th Century坂本昌行が登場。実は同い年の小田井と坂本は、山梨で日常に富士山のある景色を堪能したり、一緒に温泉に入ったりと2人旅を満喫した。

小田井と坂本が温泉でV6の名曲を熱唱


冒頭、普段とは少し違うテイストのオープニングが繰り広げられる。「あい旅」では珍しくゲストが先に映し出され、某おしゃれトーク番組を彷彿とさせる雰囲気のなかで登場する坂本。スタッフのこだわりが感じられる、優雅なオープニングだ。

しかし集合場所に一人たたずむ小田井を見つけた坂本は、「おっきなおじさん!」とおしゃれな雰囲気をぶち壊していつもの「あい旅」が始まる。坂本に声を掛けられた小田井は「あら! ちょっと待ってくださいよ!」とそわそわし始め、坂本もいたずらが成功したかのように笑う。

何か言いたそうな小田井に坂本は笑顔で「久しぶり!」とあいさつ。さらっと番組を進行しようとするが、小田井は見逃さない。「いきなりおっきなおじさんって(笑)。おれもそれでよう振り返ったな」と的確なツッコミを入れる小田井に、坂本は嬉しそうな笑顔を見せた。

オープニングトークから相性のよさを見せた小田井と坂本は、今回山梨を旅することに。山梨の東部に位置する大月駅から、ローカル線「山梨・富士急行線」へ乗車。駅のホームで小田井から「電車乗ります?」と問われると坂本は、「もちろんもちろん!」と回答して小田井を驚かせる。大スターといえば車移動のイメージだが、坂本は意外にも電車移動をすることがあるようだ。

続けて坂本は、「単線を見るとすごく癒やされる。景色に溶け込んだ電車と風景がすごくいいよね」とぽつり。たしかにレールが一本しかないため往復の電車がすれ違えない単線は、忙しない都会とは違った風景を演出してくれる。鉄ちゃんの小田井は坂本の言葉に同意しつつ、やってきた電車に「車両の色がいいですね!うちの奥さん(LiLiCo)の母国、スウェーデンカラーでございます」と意外な情報を添えて坂本を笑わせた。

富士急線に乗るのが初めてだという小田井と坂本。どこにいても富士山が見える状況に、ロケということも忘れてはしゃぎ倒す。年間50万人もの人が降り立つ富士山観光の玄関口としてられている終点・河口湖駅で電車から降りると、小田井が「2人で温泉でも入りたい」と提案。断られるかもしれないとちょっと不安そうな小田井に、坂本は「僕は全然いいです。視聴者の皆さんが耐えられるなら!」とジョークを交えながら快く了承する。

2人が選んだのは、「ホテル 美富士山園」。小田井は同ホテルを見るや「美しい富士と書いて『美富士山園』。これで美しい富士山が見られないわけがない!」と力説し、温泉と富士山を堪能することを決めた。

期待に違わず、温泉に入るとすぐに絶景が飛び込んでくる。小田井と坂本は「わー!」と声を上げて温泉を堪能しながら、「V6、お風呂一緒に入ることってあるんですか?」と話題はV6時代の話へ。坂本が「みんなで入ることは多々ありました!」と話すと、小田井は「意外やわ」と口にする。基本的にメンバーとは適切な距離を保っていたという2人だけに、“多々あった”という言葉はたしかに意外だ。

その後、スタッフからのリクエストで小田井と坂本がV6の名曲「WAになって踊ろう」を披露する。互いに美声を響かせながら気持ちよく歌う小田井と坂本。歌い終わった後、坂本は「結構恥ずかしいもんだね」とははにかんでいた。

「小田井涼平のあい旅」より
「小田井涼平のあい旅」より※提供画像

小田井と坂本が「日本一美しい集落」でまき割りに挑戦


旅の最後に訪れたのは根場地区にある「西湖いやしの里 根場」。茅葺民宿が立ち並び、かつては「日本一美しい集落」と呼ばれていた名勝だ。しかし1966年、一度は台風の影響によって消滅。だが歴史と豊かな文化を守り伝えるため、2006年に集落を再現した「いやしの里」がオープンしたという。

「いやしの里」では、「建築が大好き」という坂本のためにスペシャルな宿「ルードフィールド」が用意されていた。同宿は台風の影響にも負けず、残り続けた3棟のうちの1棟を借りて運営しているという。

そんな「ルードフィールド」では、「Less is more(=足りないことが豊か)」が運営理念。便利さを追求するのではなく、不便さを楽しむのがコンセプトだ。たとえば米を炊く体験では、まき割りから始まる。さっそくまき割りに挑戦した小田井と坂本だったが、小田井が「難しい!ただ楽しい!(笑)」と苦戦する一方で坂本が才能を発揮。宿のスタッフが「すごくいいです。初心者というか初めてとは思えない」と絶賛するほどの腕前を見せた。

富士山の湧水「忍野白海の水」を使って米を研ぎ、炊いていく。米ができあがるまでの間は囲炉裏で食材を焼き、ようやく完成。自分たちが丹精込めて作った料理を食す小田井と坂本は、「僕らにとって大事な時間」と手間ひまかけた時間をかみ締める。

腹も膨れたところで、共通点の多い小田井と坂本はV6時代の話に花を咲かせる。メンバーと「プライベートで旅行」に行ったことはあるのかと聞かれると、坂本はスケジュールが合わなかったこともあって「全員ではなかった」と告白。しかし「デビュー2年目か3年目に、長野博と森田剛とスノーボードに行った」と話を始める。

楽しそうに当時を振り返る坂本に、小田井は「僕もグループやっているときに1度だけ(メンバーと)スノーボードやった」とぽつり。新たな共通点が見つかってさらに絆が深まった小田井と坂本は、山梨の食を堪能して今回の旅を締めくくった。

「小田井涼平のあい旅」より
「小田井涼平のあい旅」より※提供画像

下に続きます
■番組公式サイト:https://www.bsjapanext.co.jp/program/gokujoyado/
■BSJapanext公式アプリ:https://japanetapp.page.link/open

▼BSJapanext特設サイトはこちら▼
BSJapanext特設サイトはこちら
■BSJapanext視聴方法
https://www.bsjapanext.co.jp/howto/
■BSJapanext公式X(旧Twitter)
https://twitter.com/BSJapanext_263(@BSJapanext_263)
▼BSJapanext 韓ドラ・アジアドラマ
https://www.bsjapanext.co.jp/asiadrama/
息子がお世話になりました。
息子がお世話になりました。
小田井涼平 (アーティスト)
日本クラウン
発売日: 2022/10/04
SODA 2022年7月号 (表紙:坂本昌行)
SODA 2022年7月号 (表紙:坂本昌行)
ぴあ
発売日: 2022/05/23
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

画像一覧
7

  • 相性バッチリの坂本昌行×小田井涼平の山梨温泉旅
  • 【写真】小田井涼平と坂本昌行が旅の疲れを癒す絶景温泉でほっこり
  • 「小田井涼平のあい旅」より
  • 「小田井涼平のあい旅」より
  • 「小田井涼平のあい旅」より
  • 「小田井涼平のあい旅」より
  • 「小田井涼平のあい旅」より

関連人物

  • 小田井涼平

    小田井涼平

  • No Image

    20th Century

  • No Image

    坂本昌行

  • 第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

    結果発表!第119回ザテレビジョンドラマアカデミー賞

  • 「ザテレビジョン」からのプレゼント!

    「ザテレビジョン」からのプレゼント!

  • 【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

    随時更新中!【夏アニメまとめ】2024年7月期の新アニメ一覧

  • 【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【夏ドラマ】2024年7月期の新ドラマまとめ一覧

  • 【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

    随時更新中!【春ドラマ】2024年4月期の新ドラマまとめ一覧

  • ザテレビジョン マンガ部まとめ

    SNSでバズった話題のマンガが読み放題!ザテレビジョン マンガ部まとめ

もっと見る