GACKT「知識は誰にも奪われることのない財産」の持論に視聴者が熱狂

2020/01/02 19:27 配信

GACKTが「芸能人格付けチェック」で持論を展開

GACKTが「芸能人格付けチェック」で持論を展開

浜田雅功(ダウンタウン)と伊東四朗の司会で芸能人たちがチームを組んで、味覚や音感など6つのジャンルの格付けチェックに挑む1月1日(火)恒例の「芸能人格付けチェック 2020お正月スペシャル」(テレビ朝日系)で、62連勝を記録したGACKTが、王者ならではの苦悩を明かす様子が放送された。

番組は、GACKTが1年のうち半年は暮らしているというクアラルンプールの大豪邸からのインタビューからスタート。番組出演の意義を問うスタッフに対してGACKTは「単純に、当てるか当てないか、カンでやっているわけじゃないんで。自分の、大げさに聞こえるかもしれないですけど、自分のこだわって生きてきたことに対して、このライフスタイルで間違いなかったんだということを自分自身に確認する場」とコメント。

「格付けチェック」は人生を確認する場であるため、毎回が真剣勝負。そのプレッシャーゆえに、円形脱毛症になってしまったという。「自分でも気づいていなかったんです。番組の収録が始まる1カ月位前から、お腹痛くなったりするんです。ストレス感じているのかなと思っていたりしたんだけど…」。

さらに「自分が知らないことでも、知らないからできないじゃなくて、勉強すればできるんだってことを見せたいなって。そういう意味では、肉やワインの部分では、勉強しているではなく、アップデートはしています」「美味しいワインを飲むから美味しいワインが分かるのではなく、ワインを飲むときに、これはどんなワインなのか、いつできたのか、どんな風に作られたのか…と知識として体の中に入れていく行為があるから覚えるわけであって。飲んでいるだけで分かるようになったら天才じゃないですか」とコメント。並々ならぬ努力のもとに、連勝を成し遂げていることが明らかとなった。

そんなGACKTから出た名言が「知識は誰にも奪われることのない財産です」。

「もし僕が、今一切家も、車もお金も周りにいるスタッフがいなくなったとしても、もう一度一からやりなおせるかと聞かれたら、自信を持って『できる!』って答えます。それはなんで?と聞かれたら、僕には知識と経験があるから。でも知識と経験は誰にも奪われることのない一番の財産だと思いません?」と持論を展開した。

今回GACKT鬼龍院翔とペアを組んで出演、GACKT個人の成績はパーフェクトで62連勝と記録を更新したが、鬼龍院のミスによりチームは”三流”となってしまった。

ネットではGACKTのストイックな姿勢に「GACKTやっぱりすごい。人として尊敬する」「『知識は誰にも奪われることの無い財産』って言ってるのを見て、もう惚れました」など賞賛のコメントが多数寄せられ、「GACKT」「GACKT様」がトレンドワード入りを果たしていた。

キーワード

関連番組

関連人物